Apple Online Storeにチャット機能で対応に感動した件

Apple Online Storeにチャット機能で対応に感動した件

iOSアプリ開発者の宿命でもある、年に1度のApple Developer Programの更新が数日前にありました。Androidは一度25ドルを支払ってしまえば半永久的にアプリがリリースできるわけですが、アップルではそうも行きません。

ということで更新作業を行っていたところ、購入画面にてどうやら見たことないボタンが・・・

image09

チャットって何?(いや意味は知ってるけど)

「チャットする」と書いてあり、おそらく支払い時に不安なユーザーに対してのフォローの目的で導入を行ったんだろうと考えました。

私としては、毎年の作業なので慣れておりチャットする必要はなかったのですが、私の画面を見ていた他の社員が

「押してみようよ!!!」

と言ってきます。
私も「おもてなし企業」に務める身として、チャットをしなくてもどのような画面構成になっているのか気になりクリックしてみることに。

ぽちっ

image06

いかにもアップルらしい爽やかな画面です!
これもA/Bテストとかで評価の高い人を選んだのでしょうか。。。

と画面を眺めていたところ、
強制的にチャットが開始されてしまいました。

image03

さすがAppleな展開

やばい!何か質問しなければと思ったのですが、
「間違えて押してしまいました」
と書き込みました。

すると・・・

image08

「せっかくお問い合わせいただきましたので、何か製品について不明点やお力になれることはございませんでしょうか。」

すごいおもてなしです!!

さすがアップル。
これからもついていきます。

そこでこのチャット機能がいつから追加されたか確認したところ、2015年4月からの新機能らしいです。

最後にアンケートをするのですが、全部満点にいたしました。

ちなみにこのチャット機能ですが、最近いろんな企業がこぞって導入しております。

インターネットが発達したからこそおもてなしの重要性が問われているようです。

アップル製品の購入はこちらから↓
http://www.apple.com/jp/

コメント