Apple TV専用のtvOSでアプリやゲーム(役員ツムツム)を作ってみる

Apple TV専用のtvOSでアプリやゲーム(役員ツムツム)を作ってみる

新型Apple TVの発売が10月26日頃に発売のようですね。注文受付が始まりました。
それに合わせてXCodeでもtvOSにて開発ができるようになっています。

試しに何かのアプリを作ってみたいと思います。

まずは中身を見てみましょう。

AppleTVアプリができるまで

◼︎新規プロジェクト作成

XcodeのFile→New→Projectを選択してみます。

image06

こんな感じで、3つのテンプレートが選べるようになっています。

1.Game
これは先日ブログにて記載した「やくいんツムツム」でも使用しているSpriteKitやSceneKit、Metalなどでゲームを作れるようです。

2.Sigle View Application、Tabbed Application
こちらは一般的なアプリのテンプレートのようです。
iOSと同じで、Singleはまっさらな状態 Tabbedはデフォルトでタブバーになるのでしょう。

◼︎Sigle View Applecationで作ってみる

Single View Applecationを選択してProduct Nameを決めましょう。

私は「BITWAVE」とつけてみました。
(ちなみにtvOSでもUnit TestやUITestができるようです。)

NEXTボタンを押してみます。

↓こんな感じでプロジェクトができました

image02

◼︎storyboard上でボタンを配置してビルドしてみる

Main.storyboardを選択してViewの中にButtonを配置してみます。

↓こんな感じ

image07

完了したらビルドをしてみます。
XCode左上にある▶︎ボタンを押してみましょう!

ビルド完了!!

と思ったらBuild Failedで
「Internal error.Please file a bug at bureport.apple.com and attach ~」と表示されてしまいました。

ボタンを消してもダメなようです。

まだまだ登場したてなOSなので不具合にも注意です。

という事で別プロジェクトを用意して、storyboardに何も配置せずにまっさらな状態でビルドを行います。

そうするとビルドが完了し、無事にAppleTVのSimulatorが起動。
画面が表示されました。

↓こんな感じ

image09

まっさらで何もありませんね。

ですが無事に完了です。

◼︎AppleTVで役員ツムツムを作ってみよう!

こちらの記事で紹介したiOS版やくいんツムツムをほぼコードをそのままコピーで移植してみましょう。

結果↓

image04

まるまるコピペだったのですが、比較的簡単に移植が行えました。

しかし一つとても残念な事が。。。

◼︎Touch Point に関して

普段iPhoneやAndtoidのアプリでは押した位置がそのまま画面のどこの位置かがわかるようになります。AppleTvでもタッチ操作を受ける事は可能ですが、絶対座標ではありません。

AppleTVとリモコンではサイズが異なるので、最初にタップしたポイントを中心とした相対的な座標になってしまいます。

なので簡単にいうと、、、
役員をタッチする事ができないので、なぞって消す事が出来ませんでした!!

これを解決するために、色々な方法があると思います。
例えばマウスのようなものをつくるなどが考えられますが、ゲームとして面白くありませんね。

ちょっと考えたいポイントです。

それぞれスマホにはスマホの、TVにはTVの最適なアプリやコンテンツの見せ方があると思います。

Apple TVならではのコンテンツを皆様も是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント