App Storeの検索アルゴリズムが変更された|ASOにも影響?

App Storeの検索アルゴリズムが変更された|ASOにも影響?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

1ヶ月前になるが、2015年11月3日、App Storeの検索アルゴリズムは変更されたようです。しかも大幅に。
これにより得した人、損した人が現れたと思う。
私はというと。。。すごく得をした側である。

ランキング評価に大きな変化が

以下の図を見ていただきたい。

image06

これはApp Annieというアプリ分析サービスからアプリのキーワードの検索順位を表示しているのだが、「!」をつけたところが11月3日である。

もういろんな順位が目に見えて上がっていることがわかるだろう。
そしてアプリの新規インストール数がその日を境に急上昇した。

ちなみにアプリのアップデートは半年以上行っていない。

その一方損した組みの図をみていただきたい。

image07

損といっても、そこまで損した組はいないと思うのだが、
特定のキーワードの順位が下がっているものもある。

上位5位と6位では収益もダウンロード数も2〜4倍違う世界である。わずかに下がっただけでも、影響が大きいジャンルもある。

何が変わった?

目に見えて変わったのは、アプリの説明文にいれていない単語の検索に引っかかるようになったことである。

iOSアプリの申請時にiTunesConnectからアプリをアップロードするはご存知かと思うが、その中に「キーワード」を登録する項目がある。
下記の画像の青縁の部分である。

image04

(上図は弊社のアプリ)

ここにMAX100文字まで検索に引っかかるためのキーワードを埋め込むことができるのだが、今までは「ここに登録されたキーワード」と「アプリのタイトル」などが主に検索の対象となっていた。

11月3日からはそれ以外の関連している(登録していない)単語からも検索が引っかかるようになったのである。

その結果、App Storeの検索結果がとても多くなってしまった。

以前、AppleがChompを買収して、このようなインテリジェンスな変化を期待したが、結局何も変わらなかった。

しかし、今回は明らかに関連性などを加味した変化が起きている。

ここで得した人、損した人が現れた。
私の場合は特に競合のアプリの検索結果が上がったように思われる。

同じような事象がないか探してみたところ、下記のような記事もあったので参考まで。
http://xiaolongchakan.com/archives/%E3%82%88%E3%82%8A%E4%BE%BF%E5%88%A9%E3%81%AB%E3%80%82%E3%80%82apple%E3%80%812015%E5%B9%B411%E6%9C%88%E3%81%AB2%E5%9B%9Eapp-store%E3%81%AE%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%AA.html

もしかしたらタイトルの揺らぎや、ダウンロード傾向なども加味されているのかもしれない。いずれにしろ、少しだけ頭が良くなった。

「最近アプリのダウンロード数が減ったな?」
ー と感じる方はこれをきっかけにキーワードの見直しを図ってみてはいかがだろうか。

最後に、画像を添付させていただいたAppAnnieというのは、今までで一番使い勝手の良いASOサービスとして重宝しております。
https://www.appannie.com/

無料のユーザー登録で結構な範囲の市場調査ができますので、是非利用してみてください。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。