auのスマホを海外旅行で利用。世界データ定額サービスの設定方法を解説

auのスマホを海外旅行で利用。世界データ定額サービスの設定方法を解説

最近は、格安スマホと呼ばれる低価格な携帯電話に契約者数を奪われつつあるドコモ・au・ソフトバンク。しかし、海外に目を向けると、まだまだ良い点はたくさんあります。海外でも、国内で使っていた携帯電話を比較的低価格で、そのまま使うことができるのです。

海外旅行中にハプニングや楽しいことが起きたり、おいしいものを食べた時は、インスタグラムやFacebookなどのSNSにリアルタイムで投稿したいという人は多いはず。そのような場合は、旅行前にキャリアで海外向けのプランを契約しておくことをお勧めします。

ドコモのスマホを海外で利用。パケットパック海外オプションを解説!

トップ画像引用元:au世界サービス

1 海外でも国内で利用している携帯電話は使えるの?

結論からいうと、機種や渡航先地域にもよりますが、国内で利用している携帯電話を使うことはできます。

auなどキャリアの携帯電話網は世界中に広がっており、相互的に利用できる(ローミング)対象地域も増えています。おかげで、国内で使っている携帯電話をそのまま海外の色々な地域で使えるようになりました。

ところで、携帯電話を海外にもっていった場合、料金プランはどうなるのでしょうか?国内と同じでしょうか?

いえいえ、違います。ローミングで通信はできるようになりましたが、無料でできるわけではありません。海外専用のプランがあります。では、海外専用プランはどのような料金体系なのでしょうか?

auの携帯電話を海外で利用する場合にかかる料金や注意点を紹介します。

2 auの携帯を海外で使うためには

auの携帯を海外で使うためには、海外用のデータ通信プランの契約をお勧めします。

海外用の契約を忘れてしまうと、海外でデータ通信ができなかったり、びっくりするような高額の通信料を支払わなければならなくなるので、注意しましょう。

3 auの国際ローミングサービス「au世界サービス」


画像引用元:auの世界ローミング「au世界サービス」|au

「au世界サービス」は、auが提供する国際ローミングサービスです。
ローミング とは、自分が契約している事業者のエリア外にて他社の通信網を使って同じように携帯電話の機能(通話やデータ通信)が使えることを言います

日本でも昔は関西と関東で事業者が異なったため、関西で契約した携帯電話を関東で使うためにはローミングをしなければなりませんでした。今は国内では統一されているのでローミングという言葉を使わなくなりましたが、海外に目を向けるとまだローミングが必要です。

「au世界サービス」は日本国内で使っているauの携帯電話を、電話番号やメールアドレスを変えることなく海外で使うことができるサービスです。国内での申し込みは不要で、月額料金は無料です。

使える機種に制限があったり、渡航先の国・地域によって使えるサービスや料金体系が異なるのもポイントです。また、国内とは異なる料金体系なので注意が必要です。

ではまず、携帯電話の機能を通話とデータ通信に分けて、その料金体系や注意点を解説していきます。

4 通話の料金体系:海外でかけ放題はない

海外で通話機能を使う際の注意点をみていきましょう。

国内では、カケホもしくはスーパーカケホと契約している人が大半です。特に通話を頻繁に行う人が契約するカケホはかけ放題なので、通話時間を気にせず話をすることができます。また、スーパーカケホも5分以内は無料なので、ある程度5分を意識した通話をすることに慣れてしまっています。

この感覚のまま海外で通話をしてしまったらどうなるのでしょうか?

例えば、アメリカ本土から日本に電話をする場合は、120円/分かかります。国内ならスーパーカケホでも5分以内であれば無料ですが、アメリカからの場合は、5分通話するだけで600円もかかるのです。

この感覚の違いに慣れることが重要です。必要最低限の会話に留めて、極力通話時間を短くするようにしましょう。

また、国内の慣れでもう1つ怖いのが、着信が無料という点です。国内では着信した分に関しては発信者のみの通話料支払いになりますが、海外の場合は着信側にも通話料が必要になります。

一度日本を経由して電話を転送するかたちになるため、着信にも通話料が発生するのです。

5 利用できる地域の分類


画像引用元:利用可能地域・国の照会|au