AWS初心者がわずか5分でWEBサーバーを構築してみた

AWS初心者がわずか5分でWEBサーバーを構築してみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちわ。「酒怪物」です。

今回はAmazon Web Servicesを使って「わずか五分」でWEBサーバーを立ち上げてみたいと思います。

アカウントの作成

まずはアカウントを作成しないことには始まりませんのでアカウントを作成します。

amazon web services:http://aws.amazon.com/jp/
アカウント作成の流れ:http://aws.amazon.com/jp/register-flow/

アカウント作成は無料でしたがクレジットカードの登録が必要です。
今なら(2015年1月現在)1年間、制限付きですが無料で使用できます。しかし制限を超えた場合は有料になるようです。

無料利用枠とは:http://aws.amazon.com/jp/free/faqs/

インスタンスの作成

AWSにアクセスし、右上のサインアップからログインします。
http://aws.amazon.com/jp/
20150209001
最初に表示される画面は利用可能サービス一覧です。

20150209002
左上のEC2をクリックすると、EC2のダッシュボードに入ります。
ダッシュボードの右上にはリージョンを選択するプルダウンメニューがあるので、「TOKYO」を選択します。

※リージョンとは:簡単に言うと、サーバーの所在地のことです。

Launch Instanceボタンを押して、インスタンスの作成を行います。

※インスタンスとは:仮想サーバーのことです。
20150209003

マシンを選択

まずマシンを選択します。一番お手軽なのは「Amazon Linux AMI」ですので、今回はそれを選択します。

※Amazon Linux AMIとは:Red Hat EnterpriseをベースにAmazonが独自に開発したLinuxディストリビューションのことです。様々なパッケージが予め組み込まれているのでお手軽です。
20150209004

インスタンスタイプの選択

恐らく画像のように「t2.micro」にチェックが入っていると思いますので、そのまま次に進みます。
もし「t2.micro」以外にチェックが入っている場合は、「t2.micro」にチェックを入れて次に進んで下さい。
20150209005

インスタンスタイプの詳細設定

色々設定がありますが、とりあえずはデフォルトのまま次へ進みます。
20150209006

Enable termination protection:
誤ってインスタンスを削除するのを防ぐ機能です。本番として使うのならチェックを入れたほうがよいです。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。