Cassowary Constraint Solverに基づくGSS(Grid Style Sheets)

Cassowary Constraint Solverに基づくGSS(Grid Style Sheets)

私: 皆さんCSSを知っているよね?
皆: もちろん!
私: SCSSも結構一般に使われているよね!
皆: はーい!
私: では、GSSは?
皆: …(何、それ?)

そう、GSS(Grid Style Sheets)はアンダーグラウンドな技術で、あまり知られていません。
Cassowary Constraint Solverと言うアルゴリズムに基づく技術です。

Cassowary Constraint Solver

簡単に説明すると、Cassowary Constraint SolverはOS X LIONに導入されたAuto Layout エンジンの(非常に複雑な)アルゴリズムです。

Auto Layoutの細かい説明はこちらに見れます:

GSSとは?

GSSの意味は「Grid Style Sheets」です。

実は、JavascriptのPolyfillsです。デバイス間の穴を埋めるような技術ですね。

GSSのクリエータのサイト(とダウンロード)はこちら: http://gridstylesheets.org/

このライブラリーの目的は:ただのCSSやSCCSでは中々難しいところとをもっと楽にすることです。
特に、センタリング。

言葉だけで伝えにくいですので、こちらのビデオを見てください:

(シンタックスの説明が15:15から始まります)

CODEPENのサンプルもあります:
http://codepen.io/thegridgssdocs/pen/PweaGN

で?本当にこれは役に立つ?

個人の意見ですが、この技術をWebのUIで使う大きいメリットがまだ明らかになってないです。

いくつかのエレメントのセンタリングのためだけ新しいシンタックスを勉強するのはちょっとキツイと思って、センタリング以外のメリットが現れればもう一度考えると思います。

と言うことで、様子を見ます!

以上

Franck VESCHI

Franck VESCHI

シニア UI/UX デザイナー・デベロッパー at 株式会社ショーケース・ティービー
毎日、デザイン・UX・コーディング等に関係ある新しい技術・情報をわくわくしながら探しています。昔から好奇心の強い性格なのです!新規プロジェクトをいつも「冒険」のように受け取っています。このスタンスのお陰で、毎日の仕事が非常に面白いです。

今まで書いた記事:
http://bitwave.showcase-tv.com/author/franck/
Franck VESCHI

コメント