CRO | コンバージョン率最適化の手法(第6回)

CRO | コンバージョン率最適化の手法(第6回)
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

今回は「テスト計画」の実施フェーズについてご紹介させていただきます。
<前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第5回)』>

STEP 5|テストを実行する

「STEP 2(第4回)」で確認した基本数値に対し、「STEP 4(第5回)」で立てた計画を実行します。
ここから先はツールが正常に動いているか、母数にいつ達するかに集中して作業をしていくことになります。
当然、テストが成功することを前提に進めているのですが ――

想定外のゼロクリック!!??
いやいや、ツールは動いている! うん、正常な動作!
それはなんども確認した!
なのに……、ゼロッ!!!

そんなこともままあります。
運悪くトラフィックが低くなったことが要因で、このような状況に陥ってしまう場合だってありますので、まずは落ち着いて対処しましょう。

初めにトラフィックを確認。
そもそも母数が少ないランディングページは、僅かなトラフィック低下によりコンバージョンしなくなる可能性があります。過去にそのような状況がなかったのか、冷静に調べてみましょう。

すべての数値が悪くなった

テストが成功し数値が改善した場合は、それを作業リストから外し、次のテストへと進みましょう。
もちろん、まだ改善余地があると感じるなら、引き続きテストを継続していくことも重要です。

しかし「すべての数値が悪くなった……」なんてことも。
初回のアプローチでは、そのようなケースもあるかと思います。
この場合、テスト箇所以外にも悪化している場所はないか、「STEP 4(第5回)」で用意した過去の数値指標と比べてみましょう。
テスト計画時とテストを実行したタイミングとで、サイト自体が異なる環境に変化している可能性も考えられます。そのような場合、テスト箇所以外の数値も大きく変化している可能性があります。
そして、この “変化” は必ずしも悪いことであるとは言いきれません。私の経験上ですが。

例えば ――
検索エンジンに他の重要なキーワードが高く評価され、他の導線が生まれた。
その結果、テスト予定していたページのトラフィックが減少しただけ……。
なんていうこともあります。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。