CRO | コンバージョン率最適化の手法(第11回)

CRO | コンバージョン率最適化の手法(第11回)

今回は「ランディングページの適した長さ」ついてご紹介させていただきます。
<前回のおさらい『CRO | コンバージョン率最適化の手法(第10回)』>

ランディングページは長いほうが良い?

訴求ポイントだけを抑えたシンプルなものもあれば、決済や会員登録フォームを備えたものと色んな種類があるランディングページ。
では、このランディングページは「長いもの」と「短いもの」とでどちらが良いのでしょうか?

コンバージョンポイントの着目率を特に重視するという考え方「Conversion Centered Design」では、結果として短いランディングページを推奨しがちです。
最も重要なポイントはヒーローイメージ(=最初に目に入るファーストビューの画像)の着目率なので、当然の考え方であると言えるでしょう。

逆に、説得系のファネル(漏斗)構造を重視する場合、ヒーローイメージは要素の1つでしかなく、ページには説得過程とステージに合わせた十分な長さを持つべきだという主張もあります。


<参照:CXL『Designing Your Website Flow To Meet Your Conversion Needs』(英語サイト)>

それではランディングページに関するドグマについて少し話し合ってみましょう。
ランディングページは“短いほうが良い” “長くて繰り返されたほうが良い” “長いが全てを網羅したほうが良い” ……
そんな議論は、これまで何度も繰り返されています。
これは当然といえば、当然です。

なぜなら、常に「その商品がマッチするユーザ」に最適化されていくからです。
購入や登録を優先するユーザには十分なページも、じっくり考えたいユーザにとっては「情報不足」でしかないからです。

原則として、より複雑で高価な製品や市場に新しい製品では、より長いランディングページが機能し、ユーザとの信頼関係を構築する必要があります。
一方、短いランディングページは理解しやすい商品や、既存のブランド認知度が高く、すでに信頼される商品に適しています。

なお、上記にも記載した参照サイトでは、ランディングページを最適化するためのガイドラインがいくつか追加されています。
たいへん役立つので、参考にされると良いでしょう。

長くても短くてもアプローチは一緒

どれだけランディングページが短かろうが長かろうが、最初の意思決定は3~5秒内に行われます。
これはWebサイトのDNAに近いレベルで作用しています。