DeepDrive|AIが “ゲームの達人” になる日も近い!?

DeepDrive|AIが “ゲームの達人” になる日も近い!?

ケーキ屋さんになりたい――、Jリーガーになりたい――

いつの時代でも子どもたちは色んな職業に憧れるものです。
そんな中で最近注目を集めているのが「プロゲーマー」の存在。ようやく日本でもその存在が認知され、動画サイト等の普及とともに憧れの職業の一つとして急浮上してきました。

そして時代はシンギュラリティ真っ盛り。
ITが人間の仕事を奪うとも危惧されています。果たして「プロゲーマー」の命運やいかに……?

そこで “自分はゲーマーではない” と豪語する李 在煥さんが、「AI☓ゲーム」に関する情報を共有してくれました。

<Gigazine『ゲーム「GTA V」で全自動運転カーを動作可能な「GTA V+Universe」をリリース』>

こちらは「DeepDrive」というオープンプロジェクトで、「Universe」というプラットフォームを持つAIがゲーム『グランド・セフト・オート(GTA)』で自動車を運転するというものです。

とはいえ、目的はAIでゲームをコントロールするというものではなく、現実社会における自動運転カーのシミュレータとして活用できるのではないかと考案されたものです。
「Universe」のおかげで、危険が伴うかもしれないテスト走行を、より安全に実施させるためのニーズは確実にありそうですね。

なお、この「Universe」の環境構築に関するブログもありますので、併せてご紹介いたします。
<Developers.IO『AI学習プラットフォーム「Universe」を試してみる』>

また、Google社が開発した機械学習用ライブラリ「TensorFlow」を用いて、ゲーム『マリオカート64』の機械学習を実践している模様も公開されています。周回を重ねるごとにライン取りに精度を増していく様は必見です。

<グノシー『マリオカート64の全自動走行をGoogleの機械学習ライブラリ「TensorFlow」でやってみた』>

自動運転カーの実現はもうすぐそこまで来ているのかもしれませんが、「プロゲーマー」のカリスマ性はシンギュラリティによって縮小していくのかもしれませんね……。

コメント