document.writeがイベントタイミングによって挙動が違う

document.writeがイベントタイミングによって挙動が違う
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

# HTMLソース記述

→実行結果
<head>タグ内に記述 → 問題なし

<body>タグ内に記述 → 問題なし

イベントに記述 → 問題なし

全てのタイミングで問題なく実行されることが確認できました。

結論

loadイベントの判定でreadyStateを使うと、ブラウザ毎に返ってくる値が違う場合があるので、色々と調べたところ、onload後に「complete」という値は、あのエンジニアを悩ませ続けたIE6でも問題なく返って来た値なので、会社のサービスとしては、これで安定するというお墨付きができました。

この危険な「document.write」という関数は、使わない方がいいように思うかもしれませんが、onload前であれば、実はこの機能でしか実装できない事もあるため、避けては通れない機能でもあり、こういったDOM構造の動的対応という事を把握しておかなければ、他の命令でも、痛い目を見るという事も同時に提唱したいと思います。

さて次は、「setInterval」でも調べますか・・・

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。