Elixirセミナー 「tokyo.ex #2」参加メモ

Elixirセミナー 「tokyo.ex #2」参加メモ
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

去る5月24日(火)に開催された『Elixirセミナー』に参加してきました。

『Elixir』はPhoenix Frameworkと組み合わせることで、高速に作動するサーバサイド言語なのですが、僕はこのセミナーに参加するまではインストールはしたものの、一度も言語を叩いたことがないという状態。

はたして、講義内容に付いていけるのでしょうか……。

image05

会場は渋谷にあるmixiさんのカンファレンスルーム。
写真では少し隠れていますが、青色の三輪車がとってもオシャレ!

Rubyからの、のれん分け言語

『Elixir』はRailsの開発者が構築した言語です。
よくネット上では「Ruby風の関数型言語」という触れ込みで紹介されていたりします。

確かに会場で何人かのエンジニアに話を聞いてみると、普段はRubyで書いている方がほとんどでした。
今回登壇された各会社の“Elixirを普段使いしている”エンジニアの話を聞いてみると、その使用用途は……

エンジニアA 「AWSのシステム監視や構築、デプロイなどの自動化部分で使っています!」
エンジニアB 「bot風にしてSlackツールを作っています!!」
エンジニアC 「webRTCのTLSエンコード→デコードの処理を高速化しています!!!」

三段オチのようですが、誰一人として同じような使い方をしていません!
つまりポジティブに言えば、“どんなシチュエーションでも使うことができる言語”であると言えるのでしょう。

image02

ザクの模型の目玉ライトを遠隔操作で入れては消すだけのIoTグッズを作った方のプレゼンテーション。
発想がユニーク!!

今までのWEB言語

PHPやPerlはWEB言語の代表格ですが、主にHTML出力で使用されることがほとんど。RubyはFluentdのプラグインとして使われていたり、PythonはMacのScript言語としても使われていたりと、最近では、用途に応じてWEB言語を使い分けるのが主流です。

ショーケース・ティービーで一番使われているJavaScriptも、かつてはホームページを動的に動かすスクリプトツールという扱いでしたが、Node.jsの登場により一気にSOCKET言語に移行した印象を受けます。

言語を使いこなせれば使いこなせるほど、WEBプログラマーの活躍できる領域がどんどん広がっている証拠なのでしょうね。

必ず押さえておかないといけない「Erlang」

そもそも『Elixir』はErlang環境で実行できるスクリプトということなのですが、こういった基礎知識もなくセミナーに参加したため、頻繁に登場する「アーラング」というキーワードにチンプンカンプン。

登壇者の中にはErlangを猛プッシュする方もいて、その環境をイメージできない自分がもどかしくて仕方がありませんでした。

帰宅後に自宅で検索してみたところ、非常に強力な環境構築ができることが理解できました。
<参照:ウィキペディア「Erlang」>

『Elixir』同様、「関数型言語」と説明されているので、実行環境を作ってプログラミングをし、実際に動かしてみる必要性を感じました。これは習得しないといけないようですね。

また、こちらもセミナー内にちょくちょく紹介されていた「OPT」「OTP」というプラグインが、非常に高機能であることが理解できたのも大きな収穫です。この流行りの言語を週末にでもいじって遊んでみたいと思います。

でも、一つ不安要素がありまして……。

セミナー会場でもしきりに言われていた“エンジニアあるある”なんですが、日本語訳の解説本やローカライズされたWEBページが非常に少ないので、情報収集が困難を極めるとのこと……。

WEB言語よりもまずは、英語から勉強せねば・・・

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。