Excelのグラフの単位表示をユーザー定義を使って見やすくする方法

Excelのグラフの単位表示をユーザー定義を使って見やすくする方法

今回紹介するのは、Excelのグラフの単位表示をユーザー定義を使うことで見やすくする方法です。
試算表やプレゼンの資料などを作っている人は、Excelの数値をグラフ化するまでは簡単に出来ると思われます。

今回は最もポピュラーな3期分の売上高をグラフ化して、さらに単位表示を変更するという操作をしていきます。

Excelでグラフを作る

まずは基本となるデータからグラフを作成していきます。

グラフの作成

グラフの作り方に関しては、グラフに記載したい要素のデータを全て選択している状態で、Excelの「挿入」タブをクリックして、上の図にあるように作成したいグラフをクリックします。

今回は、比較的使われやすい一般的な棒グラフを選択しましたが、今回の目的は単位表示を見やすくするだけなので、折れ線グラフでも立体型のグラフでも構いません。

棒グラフの完成

こちらが完成したグラフです。

こちらの図に記載した赤枠部分の単位表示をユーザー定義を使って変更するのが今回の目的となります。

単位表示をユーザー定義を使って見やすくする

ここからが今回の目的となるのですが、上の図のグラフの左部分にある単位表示が現在は「200,000,000」となっていますが、これは「2億0000万円」というように表示します。

ゼロが多く並んでいると、数字や会計に慣れている人の場合は簡単に判断することが出来ますが、一般の人はパッと見て判断をすることが難しいので、見やすくするために表示を変えるのが今回の目的です。

軸の書式設定を表示

まずは単位表示を変更するために、軸の書式設定を表示します。

表示させる方法については、縦軸部分で右クリックをすると、上の図のように項目が表示されますので、その項目の1番下にある「軸の書式設定」をクリックします。

軸の書式設定を設定

そうすると、Excelの画面の右側に上の図のようなウィンドウが表示されますので、この書式設定を変更することによって、今回の目的を達成することが出来ます。

1つ目の操作では、「軸のオプション」の欄にある「表示単位」の右側を「万」に変更します。

グラフの表示単位を変更

上の図の右側のように表示単位を変更すると、グラフの表示単位が上の図の左側のように変更されます。

現時点では「200,000,000」が「20,000」に変更されたということになりますが、この表示単位が意味しているのは「20,000万」ということになります。
縦軸の単位表示の横には「万」が横向きに表記されていますが、これは表示単位を変更したことによって、どの単位で示しているのかということを表記しています。

この「万」の位置を移動させたり向きを変えたりするのは「万」の部分をドラッグ・アンド・ドロップすることによって出来ますが、今回は見づらいので、「軸の書式設定」の中にある「表示単位のラベルをグラフに表示する」のチェックボックスからチェックを外して「非表示」とします。

ユーザー定義の表示

それでは肝心のユーザー定義を使う方法について紹介していきますが、まずは「軸の書式設定」の「表示形式」をクリックして中を表示します。

そうすると、上の図の左側のように表示されることになりますが、さらにカテゴリの中から「ユーザー設定」をクリックして、独自に設定を定義することが出来る状態にします。

表示形式コードの入力

ここまでの操作が完了すると、上の図の左側が表示されます。

そして、「表示形式コード」の中に「0億0000万」と入力して、右側の追加ボタンをクリックします。

グラフの表示単位の変更が完了

そうすると、グラフの縦軸の表示単位が上の図のように変更されますので、今回の目的だった「2億0000万」という表記に出来ました。

Excelのグラフの単位表示をあやつれれば見やすくできる

いかがだったでしょうか?

今回は通貨単位を変更するという方法について紹介していきましたが、通貨単位に限らず自分独自の単位に変更したいという場合でも可能です。

基本的には「グラフを見やすくする」ということが目的となっていますので、あまりにも凝った単位を開発してしまうと、逆にグラフ自体が見づらくなってしまう恐れもありますので、その点に関しては注意してください。