『Excelの統計関数(平均・偏差・標本・相関)』を叩き込もう

『Excelの統計関数(平均・偏差・標本・相関)』を叩き込もう

まもなく新生活が始まろうとしている方々も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

期待に胸を膨らませている方には「どうぞお楽しみに」としか言えませんが、今現在不安にかられている方も少なからずいらっしゃるかと思います。

不安になる要因はいくらでもあるのでしょうが、私がよく聞くのは「履歴書を誇張して書いちゃった、即戦力と見なされたらどうしよう……」といったものです。

間もなくエイプリルフールも近いですが、さすがに企業も採用活動にお金がかけているので「冗談でした…」では済まされません。

一般職であれば、誇張してしまいがちな部分としてPCスキル、特にExcelの習熟度についてではないでしょうか。

入社早々に「コイツ使えねぇ~」なんて思われないように、Excel学習の鬼門とも言える関数について、最低限覚えておきたいものをご紹介します。

一言に関数と言っても関数はたくさんあるので、今回は『統計関数』に絞らせていただきます。

と、偉そうに言ってはみたものの、実は私もまったく使いこなせていません(笑)

ぜひ、みなさんも私と一緒にExcelを使いこなせるようになりましょう!

平均値を自動計算させよう

これは基本中の基本、すべての合計を個数で割った値が「平均」ということになります。

<例>

5人の生徒のテストの点数は82点、15点、78点、70点、85点という結果。

この場合の平均点は「(82+15+78+70+85)÷5=66」。よって平均点は66点。

これをいちいち計算せずにExcelに自動計算させるには、以下の文字列を関数入力欄に入れればあっという間です。

=AVERAGE(開始:終了)

とある6人の平均身長を求めようと思ったら、以下のようなイメージになりますね。

平均身長は174.33…。この場合は4人が平均以上、2人が平均以下であることが分かります。
※名前はあくまでも架空の人物です

中央値を自動計算させよう

平均値の場合、1つ極端に上振れ、または下振れした数値が存在した場合、その数値に引きずられる形の平均が算出されてしまいます。そんな時に有効なのは「中央値」。

「中央値」はデータを大きい順、または小さい順に並べたとき、ちょうど中央にくる値になります。

<例>

5人の生徒のテストの点数は82点、15点、78点、70点、85点という結果。

これを小さい順に並べると15、70、78、82、85となり、中央値は78点となる。

これを先ほど同様にExcelに算出させるには以下のように入力すれば良いのです。

=MEDIAN(開始:終了)

とある6人の身長の中央値を求めようと思ったら、以下のようなイメージになりますね。

平均値では約174.33となっていましたが、今回の中央値では176。

一人160センチ台の人が混ざっていたため「平均以上:平均以下」が「4:2」の割合となっていましたが、中央値は純粋な中間点であることを意味しているんですね。

※名前はやはり架空の人物です

ちなみにExcelとは関連しないかもしれませんが、中央値に関する余談を2つほど併せてご紹介します。

<余談1>
母数が偶数個ある場合、中間の二つの値を足して2で割った値が中央値になる。

例えば15、70、78、80、82、85とあった場合、「(78 + 80)÷2」=79」で「79」が中央値になる。