Excel関数VLOOKUPで「#N/Aエラー」を表示させない方法

Excel関数VLOOKUPで「#N/Aエラー」を表示させない方法

VLOOKUP関数を使用した際に、設定したセルに#N/Aと表示されることがあります。今回はその対処法についてご説明します。まずは、どのようなときに表示されるのか確認してみましょう。下記のような表を例にします。

サンプル表

検索値がまだセット(入力)されていないときに表示される

単価欄にVLOOKUP関数をセットします。

VLOOKUP設定

式だけセットしますと「#N/A」が表示されます。

名称未入力エラー

これは、まだ「名称」に何もデータが入力されていないためエラーとなります。

検索値に該当するデータが存在しないときに表示される

今度は、「商品名」に存在しないものを「名称」に入力します。

名称が存在しない

同じく「#N/A」が表示されます。

名称が存在しないエラー

これは、「名称」に入力された値が「商品名」に存在しないときに表示されます。

「#N/Aエラー」を表示させない方法とは?

「#N/A」が表示されないようにするには、IFERROR関数を利用します。このようにIFERROR関数を設定しますと

IFERROR設定

先ほどまで表示されていたエラーが表示されなくなります。

検索値がまだセットされていない状態でも、

エラーが表示されない1

検索値に該当するデータが存在しない状態でも表示されなくなります。

エラーが表示されない2

VLOOKUPで「#N/Aエラー」のまとめ

「#N/Aエラー」自体を表示させない方法はわかりましたでしょうか?表示される理由によって対応を変えたい場合などはIF関数などを利用して対応することも可能です。ぜひ試してみてください。

参考:実際に設定した内容

今回実際にセルに設定した関数となります。宜しければコピーなどしてご利用ください。

<VLOOPKUPのセルに設定した内容>
=VLOOKUP(F8,B4:C8,2,FALSE)

<IFERROR関数をセルに設定した際の内容>
=IFERROR(VLOOKUP(F8,B4:C8,2,FALSE),””)

Excel関数IFERRORでDIV/0!を表示させない方法