Flash to HTML5変換の真打ちはSWFを変換できるコレ!2016最新版

Flash to HTML5変換の真打ちはSWFを変換できるコレ!2016最新版
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

Chromeが決別、Adobeも方向転換でいよいよFlashはエンディングを迎えた

2015年の6月にグーグルがChromeでのFlash再生をデフォルトで「自動停止」するという記事が話題となりました。
http://www.gizmodo.jp/2015/06/flashchrome.html

Flashアニメーションなどの広告が自動再生されるのを防ぐのが目的で、これによりノートPCなどでバッテリ駆動時間を長くすることができるそうです。

また、同年(2015年)の7月にはFlash Playerに深刻な脆弱性がある(そのレベルは「致命的」)ことが発覚し、脆弱性をついたWebの不正改ざんなどの報告が多数なされました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/071302350/

これを受けて、Chromeに続いてFirefoxもFlashのデフォルト再生を止める動きが出ています。さらには、Amazonも・・・・

AdobeもいよいよオーサリングソフトであるFlashの看板を下ろすと発表、今後はHTML5を中心としたAnimate CCと名称を変更して提供していくことになりました。

現在、コンテンツ制作に使用されているFlash Professional CCではHTML5に変換できるようになっています。しかし、Action Scriptが無効となり、CreateJSとしてコメントアウトされるので、新たにjsファイルを作成する必要があります。

また、ユーザ側が使用するFlash Playerのサポートは今後も提供されるので、当座、心配はなさそうです。
http://japanese.engadget.com/2015/12/02/flash-pro-animate-cc/

このように時代はiOSが口火を開いたHTML5にシフトしつつありますが、かつて作成されたFlashコンテンツが全てHTML5に変更されたのでしょうか。

膨大なFlashコンテンツの資産をどうHTML5で活かすか?

動画、ゲーム、Eラーニング、研修用動画、インタラクティブマニュアル、eブックプレーヤー、知育教材などなど・・

 HTML5で最初から作成FlashソフトからHTML5を書き出す専用ツールを使用して変換
特徴デザイナーがデザイン作成 プログラマーがプログラミングFla ファイルをFlashに取込みし、HTML5に書き出す
プログラマーがJs作成
ツールを使ってSwfファイルを変換
無料ツールが数社から提供されている
課題 1複雑なシステムのゲーム、eラーニングは時間、コストがかかる制作会社は納品時に、元になるflaファイルを納品しないケースが多い変換ファイルサイズの上限があるので、複雑なコンテンツは変換できない
課題 2ActionScriptが無効となりCreateJSでコメントアウトされるので、.jsファイルを新たに作成する音声ファイル未対応のツールが多い

いまだ企業におけるFlashコンテンツの資産は膨大です。たとえば、ショーケース・ティービーが手がけた大手教育関連会社の案件では、Flashで制作され、その後スマートデバイスなどで使えずに放置になっていたコンテンツは数千個におよびました!

Flashバナーくらいであれば、さっさと作りなおせばいいですが、ゲームやeラーニングなどのコンテンツは複雑で、HTML5仕様に作り変えるには大変な時間とコストがかかります。そこで、Flash to HTML5変換です。

これを実行する方法としてはいくつか考えられます。

1つ目は、最新のFlashオーサリングソフトで、もともとのflaファイルを開いて、HTML5に書き出す方法です。

課題としては、多くの企業では制作会社に依頼した際に、元のflaファイルは納品されていないケースが多いということです。通常は、再生用のswfファイルしか納品されていません。そうするとファイルを出力し直すということは難しくなります。

もう1つの課題としては、たとえFlaファイルを持っていて、最新のFlashオーサリングソフトで開いて再出力するとしても、ActionScriptは使えないということです。

ActionScriptはすべてコメントアウトされ、CreateJSというツールキットで新たにスクリプトが記述されます。

完全に置き換えられ、動作も問題なければいいのですが、実際には動作チェック後、うまくいかないところを1つ1つ目視で確認していくことになるでしょう。この作業を制作会社に依頼するとなると、再出力とはいえ、それなりの工数になるはずです。

実際の書き出し手順はこちら。↓

http://blogs.adobe.com/creativestation/web-flashpro-html5-canvas

SWFファイルからHTML5を生成するのが一番効率的

Flashコンテンツの再利用の2つ目の選択肢は、「変換」です。Flaファイルではなく、書きだされた再生用のSwfファイルを自動的にHTML5に変換するという方法です。

これを行うためのツールとしては、GoogleのSwiftyが有名ですが、残念ながら音声出力がないのと、変換元のファイルサイズ1MB上限という制限があります。

多くのe-ラーニングコンテンツやゲームコンテンツはリッチな映像やサウンドファイルが満載で、制限オーバーになってしまいます。また、変換の精度もかんたんなActionScriptは対応していますが、ちょっと複雑になるとうまく変換されません。

また、ブラウザでの実行速度が遅かったりするため、正確なfpsが再現されないこともあります。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。