FlickrのAPIとPHP/HTML/CSSで写真ギャラリーサイトを作る(Part.2 APIの秘密・コツ)

FlickrのAPIとPHP/HTML/CSSで写真ギャラリーサイトを作る(Part.2 APIの秘密・コツ)

Flickrシリーズの続きです!

Part. 1 : プロジェクトの背景とゴール
Part. 2 : FlickrのAPIの秘密とコール方法
Part. 3 : PHPのコーディング
Part. 4 : HTMLのコーディング
Part. 5 : CSSのコーディング

http://www.premflux.com/cc0/free-photo-japan-hadano-33492929492.html(個人プロジェクト)で使ったAPIを触ってみましょう。

Flickrに登録

当たり前ですが、まずはFlickrに登録しないといけないです。
登録すると、1テラの写真を無料でクラウドに保存できます。
ただ、対応されている言語は・・・

ご覧の通り、日本語対応は提供されていません。

勇気を持って登録しましょう!(笑):
https://login.yahoo.com/account/create?specId=usernameReg&src=flickr&.src=flickrsignup&.scrumb=0&new=1&.pd=c%3DJvVF95K62e6PzdPu7MBv2V8-&.intl=jp&.done=https%3A%2F%2Flogin.yahoo.com%2Fconfig%2Fvalidate%3F.src%3Dflickrsignin%26.pc%3D8190%26.scrumb%3D0%26.pd%3Dc%253DJvVF95K62e6PzdPu7MBv2V8-%26.intl%3Djp%26.done%3Dhttps%3A%2F%2Fwww.flickr.com%2Fsignin%2Fyahoo%2F%3Fredir%3D%252F

あ、すぐ分かりましたよね。
そう、FlickrはYahooのサービスですので、YahooIDを作ります。

写真アップロード

APIをテストするため、自分の写真をアップロードしておかないといけないですね:
https://www.flickr.com/photos/upload/

このチュートリアルのため、2つのアルバムを作りましょう。

ただ、大切なのは、「Visible to everyone」をこのままにすること。
APIが共有されてない写真はアクセス出来ないので。