GASでGoogle Spread Sheetを少しだけ操作する

GASでGoogle Spread Sheetを少しだけ操作する
■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。

 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ
 → ケータイ乗り換え.com
 → SMARTPHONE STORE

どうも、さむらいです。Xin Chao!

本記事執筆時は日本に一時帰国してましたが、きっと掲載する頃にはまたベトナムにいると思います(※編集部:そのとおり!)。
日本滞在期間注に安売りだった冬用コートを買ったのですが、暖かいベトナムではきっと不要ですね。ぐぬぬ。。。

『GAS』 とは

そもそも『GAS』とは「Google Apps Script」の略称です。
「Google Document」や「Google Spread Sheet(スプレッドシート)」からExcelで言うところのマクロのようなスクリプトを実行することができます。言語仕様はJavaScriptですが、処理はサーバ側で実行されます。

より詳しく知りたい方はコチラからどうぞ。とても分かりやすく説明してくれています。

なぜこのタイミングで『GAS』を?

私が所属する検証チームでは、毎回ブラウザ毎のテストケースを手作業でコピーして作っています。
今回、来年から使う新フォーマットの検証シートを作成するにあたり、ブラウザことにワークシートを分けて作ることになったため、このコピー部分を自動化したいなと思ったんです。

元々検証シート自体が「Google Spread Sheet」で作成されているとなると、自ずと選択肢は『GAS』 しかないワケで。

新フォーマットの検証シートの表紙には、コピーしたシート内のテストケースの件数も自動で取得して、進捗率を自動計算できるようにしたかったという意図もありました。その辺を全部手作業で計算するのは、いくらなんでもアナログすぎるでしょう?

そしてせっかく『GAS』を触るんだし、ついでにブログ化しちゃえということで。

スプレッドシートをコピーして、名前を変更する

ということで、早速実践。
『GAS』のスクリプトエディタはこのメニューから開けます。
(※「Google Spread Sheet」の場合)

エディタは新しいタブで開かれます。
今回コピーしたいのは、アクティブでないシートなのでエディタには以下のように書きます。