GitLab-CIを試してみた ~その1:環境構築編

GitLab-CIを試してみた ~その1:環境構築編
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

ショーケース・ティービー社内でも開発では普段からGitLabを使っています。
CICDが比較的に容易そうなので試してみたという感じです。

しかし、作業フローとしてまとめた資料も用意していなかったので、残しておきたいという目的も含めて記事とさせていただいた次第です。

ただし、一回にまとめてしまうと煩雑になりがりですので、計3回の集中連載企画とします。

第1回:環境構築編 →ご覧頂いている本記事です
第2回:ユニットテスト編(PHPで実施/JavaScriptで実施)
第3回:デプロイ編

実際に手探りで実践したところもありますので、誤りやより良い方法があるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。

では、今回の『環境構築編』です。

GitLab-CI環境構築の準備をする

まずは“お試し”程度で考えていたので、環境は以下ような構成で進めてみました。

構成

VirtualBox:Debian8 (※Debian9だとGitLab関連のインストールが面倒。。。)
Disc:8GB
Memory:2GB
CPU:1
※なお、ホストはMac OS X El Capitan 10.11.6

ちなみに自宅のノートPC「ThinkPad X260」だとVirtualBoxのセットアップが面倒で、以下の対応は必要になりました。

  • UEFIを無効
  • BIOSにてVT、VTxの有効

実施をする

大まかなフローは以下の4つになります。

  1. VirtualBoxにDebian8を構築する
  2. GitLabをインストールする
  3. GitLab-Runnerをインストールする
  4. サンプルリポジトリを作成する

なお、VirtualBox自体のインストールは、サイトからダウンロードすれば簡単に対応できてしまいますので、ここては割愛します。

手順1:VirtualBoxにDebian8を構築する

「debian-8.5.0-amd64-netinst.iso」を下記サイトからダウンロードをしていきます。
http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian-cd/current/amd64/iso-cd/

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。