GitLab-CIを試してみた ~その3:デプロイ編

GitLab-CIを試してみた ~その3:デプロイ編
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

今回は短期集中連載の第3回目『デプロイ編』をお送りします。

第1回:環境構築編
第2回:ユニットテスト編(PHPで実施/JavaScriptで実施)
第3回:デプロイ編 →ご覧頂いている本記事です

前回の記事にも記載しておりますが、手探りで実践したところもありますので、誤りやより良い方法があるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。

本来であれば、プロジェクトのデプロイを実施することになるわけですが、今回はあくまでもGitLab-CIのフロー確認ということで、適当なファイルをDocumentRoot設置して完了とします。

なお、今回の『デプロイ編』は前回ご紹介した環境構築が完了していることを前提としておりますので、本記事が初見の方は事前に『環境構築編』をご覧いただき、事前準備を済ませていただければ幸いです。

実施をする

デプロイを行うにあたり、大まかなフローは以下の4つになります。

  1. ダミーhtmlを作成する
  2. Ansibleを用意する
  3. .gitlab-ci.ymlを作成する
  4. デプロイを実施する

手順1:ダミーhtmlを作成する
ちょっとでもラクをしたいので、ゲストであるDebian8の503.htmlを対象にしてみました。
GitLabのdocument root「/opt/gitlab/embedded/service/gitlab-rails/public」の503.htmlを変更します。 ※<h2>TEST</h2>を追加

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。