ショーケース・ティービーの“Good”、
そして感謝を込めて“Good Bye”

ショーケース・ティービーの“Good”、<br>そして感謝を込めて“Good Bye”
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

皆さんこんにちは、きんにくんです。

名字が “中山” というだけで「きんにくん」というニックネームになってから早5年 ――
今では本当の名字以上に社内に定着しています(笑)。

さて、6月にショーケース・ティービーを退職したCTOの二番煎じ感はありますが、私もこの度ショーケース・ティービーを卒業することになりました。
<bitWave関連記事『CTO、会社やめるってよ』>

振り返ってみると感謝の想いしかなく、本当にいい会社に出会えたなと思っています。
そこで、ショーケース・ティービーのどこが良いところだったのか、4つの “Good” を伝えたいと思います。

面接官の伊達メガネのレンズに写った1つ目の“Good”

転職経験のある方ではあればお分かりいただけると思いますが、入社に至るまでは数回の面接フェーズが待ち受けています。
私も例外になく、何度かショーケース・ティービーに足を運びました。

私の場合、当時事業部長だったTさんが面接を行ってくれました。

初対面での印象は良い意味で『ゆるさがあるのかな?』と捉えました。
「ヒゲが生えてる!」
「度が無いオシャレ眼鏡をかけてる!!」
「この会社は格好が緩くてもいいんだ!!!」
前職が軍隊のような厳しさのある職場であったため、T事業部長の佇まいから会社の雰囲気を察し、妙に感銘を受けたのを覚えています。

実際に入社してみてもその第一印象は揺るがず、ショーケース・ティ―ビーには無駄なルールや硬さはありません。
各人、TPOに合わせて見た目を変えていますが、各々に好きな格好で働いているところがまず1つ目の “Good” でしたね。

また、当時マネージャーだったKさんとの面接では「ウチは野球部採用がある」と言われたことを覚えています。
しかし、私は正直に野球をやったことはないと伝えると「でも、野球が好きならOK」と言われました。
これも良い意味で “ゆるゆる” ですよね!

社内独特の “ユルさ” を感じたとはいえ、最初は緊張の面持ちだった入社初日(2012年撮影)

当初の緊張感はどこへやら、入社半年も経たずに迎えた社員旅行ではご覧の有様……(2012年撮影)

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。