Google検索結果の様々なURLパラメータ その1

Google検索結果の様々なURLパラメータ その1

どうもエージェントYです。
今回は、GoogleのURLパラメータに関して考察します。

Googleの検索機能の仕様が変わったことで、すべてSSL経由となり独自のアクセス解析でキーワードが取得できなくなりました。

その結果、Google検索からサイトを探して、アクセスした後、Google Chromeでdocument.referrerを確認しても
“https://www.google.co.jp”しか表示されません。

image09

ただ、GoogleのHTTPリファラには、それ以外にも様々なパラメーターが付いていて、キーワードの替わりになるような、あるいは別の切り口から分析できそうな情報が含まれています。

HTTPリファラの考察

リファラをログすることでウェブサイトやウェブサーバで訪問者がどこから来ているかを把握でき、プロモーションやセキュリティの目的に使うことができる。

このHTTPリファラにGoogleは検索結果や広告の一部の情報を埋め込んでいます。例えばvedパラメーター等があります。

【参考】グーグル検索結果のどこをクリックした訪問か分析できる“ved”パラメータの秘密(基本編)

上記の例にも書いてある通り、キーワードが取れなくなった穴埋めも含めて、何とかGoogleのURLから判る情報を取ろうという努力は多くの方がされているようです。

どんなURLを送っているかはソースで判る

Googleの検索結果のソースを見れば、どのようなクエリでサイト側に情報が送られるか判ります。

EFOで検索した場合の弊社広告(リンク部分)

http://www.google.co.jp/aclk?sa=l&ai=CsiHKaYb9VNrkNtfi8QX_4oDoC9CU2IoGgPnq6boBmvugOQgAEAEoA2CJs8aE9BOgAbyCsPsDyAEBqQIH8MdiOMlBPqoEJE_QlLU3O6i4AFxh2TBYnQPYJY9RTnE2qrZ_uYkd4mbfaTS5yIAHrP3PBJAHAagHpr4b2AcB&sig=AOD64_01jVbA9bTn_PTPIeusAYCoLmD5aw&rct=j&q=&ved=0CB0Q0Qw&adurl=http://www.showcase-tv.com/formassist/%3Fad%3D0101

EFOで検索した場合の弊社サイト(リンク部分)

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CDYQFjAA&url=http%3A%2F%2Fefo.showcase-tv.com%2F&ei=aYb9VL_0M4b5mAWgqYLgDA&usg=AFQjCNHIKFmI9NJQkyI_bVdP5hkua91nug&sig2=OWvUwlm13e4lIoLvLVNU7A&bvm=bv.87611401,d.dGY

自然検索の場合はhttp://www.google.co.jp/url?ですが、広告関係はhttp://www.google.co.jp/aclk?から始まるなど、
自然検索からの流入、広告からの流入と判断するのは簡単と考えられます。

image08

document.referrerで取得できるデータも同様です。ただ、Google Chromeで自然検索結果のdocument.referrerが上手く取れないケースがあります。おそらくSSLのデータ保全として内部で「ごにょごにょ」しているのかも知れません。

他のブラウザで自然検索結果のHTTPリファラを確認してみる

Google Chromeで自然検索結果のdocument.referrerが上手く取れないですが、他のブラウザだとクエリ付きURLを見ることができます。

冒頭に書いた検索結果のソースのリンクと同じ無いようです。

例えばSafariブラウザで書かれている内容

image07
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0CCEQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.showcase-tv.com%2F&ei=YuDzVMSoHsSA8QXd7ILICQ&usg=AFQjCNEDrtLrX0qGF6IQr0Dznw45GN5qjg&sig2=1gKzlgvWJQAb7iGHH9gblw&bvm=bv.87269000,d.dGc

検索エンジンのパラメータを分析した結果、面白いところだけをピックアップしました。

これは検索の順位を意味します。
ショーケースティービーで検索して、一番目のリンクをクリックするとこのパラメータが付与されます。2番目をクリックするとcd=2になります。

これはグーグルのリンク元の種類のようです。
QFjという文字列が含まれていると、検索エンジンの自然検索からのリンクを意味します。これいろんな規則があるのですが、それはまた次回説明します。

パラメータを分析することで何やら、面白そうな機能が開発できそうですね。

コメント