hubotと戯れてみる #3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる

hubotと戯れてみる #3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる

slack上でhubotを利用してオセロゲームを作っています。今回は石を置いてターンを変更するまでを実装します。前回はslack上からオセロゲームを始めるまでを実装しました。

#1 slackと連携するhubotを3分でインストールする。(動画付き)
#2 slackとhubotを利用してオセロゲームを作ってみる。
#3 slackとhubotでオセロゲーム。とりあえず石を置いてみる。 ← 今ここ
#4 slackとhubotでオセロゲーム。石をひっくり返す。
#5 slackとhubotでオセロゲーム。華麗なるエンディング? 

slackとhubotでオセロゲーム編

石を置けると、ぐっとオセロゲーム感が出てきます。

まずは、石を置くメッセージを認識するようにします。

これで、navico set [A-H][1-8]というメッセージに反応するようになります。

処理の流れはこんな感じー

  1. ボードの状態とターンの状態を取得します。
  2. メッセージから指示された石を置く座標を抜き取ります。
  3. 盤上に石を置きます。
  4. ターンをチェンジします。
  5. 盤上の情報とターン情報を保存します。
  6. メッセージを返します。

では、実装します。

1.ボードの状態とターンの状態を取得します。簡単です。

robot.brain.setで保存した情報をrobot.brain.getで取得できます。