iOS8のCustomKeyboardで簡単勤怠連絡キーボードを作ってみた

iOS8のCustomKeyboardで簡単勤怠連絡キーボードを作ってみた

私が以前利用していた電車では、それはもう頻繁に電車の遅延がありました。
都度会社にメールを打つのですが、これもまためんどくさい!!

さらに私は腹痛持ちでもありますので、両方が重なるとそれはもう地獄です。
いちいちメールなんて入力してられません。社会人というのは日々大変なものですね。

iOS8から独自にキーボードをカスタマイズできる機能が提供されるようになりましたので、「会社員の皆様の朝の時短に!!」という気持ちで勤怠専用キーボードを作りました。

たったの3タップで入力が完了です。

今回用意したもの

・iPhone6Plus(iOS8)
・キーボード表示用ウェブページ
・Xcode(iOS用開発キット)

たぶん、アプリ開発している人には当たり前でも、非プログラマには「キーボード表示用ウェブページ」「Xcode」の敷居が高いかもしれませんね。というか、Xcodeを実行できる環境自体が敷居が高いかもしれません。iOS Developer Programが$99/yearですしね。

完成画面

image08
使い方は↓のとおり、3w(when,why,what?)を3回タップすれば入力完了です!
image06

特徴

メッセージ、メール、SNS(Twitter,FaceBook,Line,etc)、ブラウザ(safariなど)なんでも適用されます。(アプリ側が拒否していない限り)
マイカスタムキーボードです。ここでは勤怠を例に挙げてますが用途は無限大かと思います。

また、WEBページをキーボード画面として表示しておりますので、簡単にキーボード内容を修正&追加などが可能です。

機能の概要

Custom Keyboardとは

iOS8にて追加された、App Extensionの1つです。

App Extensionとは

アプリケーションを超えて独自の機能とコンテンツを拡張でき、ユーザが他のアプリケーションやシステムを利用している場合でも、それらを利用することができます。
 —App Extensions プログラミングガイドより引用

 つまり自分で作ったアプリ以外で、自作コンテンツを利用できるようになります。

他にどんなExtensionがあるのか

 1:Action Extension(safariの画面をいじれるようになります)
 2:Document Provider(あまり触れていないので説明は省きます)
 3:Photo Editing Extension(名前から予想はできますが、触れてないので説明省きます)
 4:Share Extension(リンクをshareする)
 5:Today Extension(画面上から引っ張って「今日」ってところに表示されます)