ios9をiPhone5sにインストールしてみよう

ios9をiPhone5sにインストールしてみよう

ios9のdeveloper版がダウンロードできるようになったので、早速インストールしてみたいと思います。

#2015/9/17追記 正式版がリリースされましたね。正式版のインストールは「設定(アプリアイコン) > 一般 > ソフトウェアアップデート」からできます。特に問題なくインストールできました。(もちろん正規版は無料です。)

ダウンロードするにはiOS Developer Programへの登録(有料)が必要ですので、あらかじめ登録しておきましょう。(年間費用11,800 円 ※為替相場によって変動あり)

登録はこちらからできます。
https://developer.apple.com/jp/programs/

ios9へのアップデートファイルをダウンロード

ios9へのアップデートファイルをダウンロードします。
ダウンロードはこちらからできます。
https://developer.apple.com/programs/

アクセスしたらページ右上の「Member Center」をクリックします。
image20

Developer ProgramへSign Inします。

image04

ページ左側の「SDKs」をクリックします。

image23

iOS9のアイコンをクリックします。

image17

この画面に遷移したら、ページ右上のDownloadをクリックします。

image19

インストールする端末を選択し、ダウンロードします。

image14

端末のシリアルは、iPhoneの背面に記載されています。

image18

少し重たいですが、アップデートファイルがダウンロードされます。
ダウンロードしたら展開しておきましょう。

image24

iPhoneにインストール

iPhoneへのインストールはiTunesを使います。
iTunesを起動し、iPhoneを接続したら、まずバックアップを取りましょう。

image16

Macの場合はoptionキー、windowsの場合はshiftキーを押しながらアップデートボタンをクリックするとアップデートファイルを選択できるようになるので、展開したアップデートファイルを選択します。

image25

image15

ファイルを選択するとアップデートがかかります。
iPhoneにパスコードがかかったままだと、パスコードを解除しろと怒られるので、
あらかじめ解除しておきましょう。

30分程度放っておけばインストール完了です。
バージョンが9.0に変わっています。
(※開発版に重大な不具合がある可能性もあるので、インストールは自己責任で。)

image21

次回はios9のブラウザの機能を徹底解剖してみたいと思います。

コメント