iPhone強すぎ|ガラパゴス化した日本のスマホ市場シェア 2018年2月

iPhone強すぎ|ガラパゴス化した日本のスマホ市場シェア 2018年2月
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

2 世界のスマホシェア率(iPhone対Android)

日本では68.16%でしたが世界的にはシェアはどのようになっているのでしょうか。

参考引用データ:https://mens-modern.jp/8718

なんと世界的にみるとシェア率が逆転しています。日本では半数以上がiPhoneユーザーですが、世界的にはAndroidユーザーの方が多いようです。

2-1 世界のスマホシェア率推移(2012~2017)

日本のスマホシェア率の歴史を辿ったので、世界の歴史も辿ってみましょう。

年/機種iPhoneAndroidそれ以外のスマホ
201224%27.4%48.6%
201324%39.2%36.8%
201424%53.7%22.4%
201520.2%64.2%15.6%
201619.3%69.1%11.6%
201719.58%71.93%8.5%
参考引用データ:https://mens-modern.jp/8718

iPhoneがAndroidよりシェア率が高くなったことはなく、年を追うごとに差が広がってますね。
また、気になったのが「それ以外のスマホ」の割合の高さです。というわけで調べてみました。
iPhone(iOS)とAndroid OS以外のスマホOSは下記のものがあります。

BlackBerry OS(読み方:ブラックベリー オーエス)
開発業者:ブラックベリー社(カナダ)
旧社名:リサーチ・イン・モーション
現在:OSの開発を終了

Windows Phone(読み方:ウインドウズ フォン)
開発業者:マイクロソフト(アメリカ)
現在:Windows Phoneの後継となるWindows 10 Mobileが2015年に発表されるが、2017年に開発終了

Symbian OS(読み方:シンビアン オーエス)
開発業者:シンビアン(イギリス)→ノキア(フィンランド)→アクセンチュア(アイルランド)
OS名:Symbian OS
現在:オープンソースとしてリリースされている

2-2 世界のiOSのverシェア率

日本とほぼ変わりません。みんなちゃんと最新のものにアップデートしています。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。