iPhone 6S 格安スマホに登場|UQ / Y!mobileにMNPするメリット

iPhone 6S 格安スマホに登場|UQ  / Y!mobileにMNPするメリット

UQとY!mobileがiPhone6Sを取り扱うことを発表しました。(UQ mobile発表Y!mobile発表)。

世間ではiPhone 8 / Xが話題ですが、そこまでのハイスペックは不要、iPhone6Sのサイズがちょうどいいというユーザーの声もあります。

そんな中での格安スマホ会社からのiPhone6S発表は、魅力的な端末に感じる方も多いとおもいます。

iPhone6SとiPhone8の違い

iPhone6S / iPhone7 / iPhone 8の違いは少なく、ICカード対応のApple Pay、最大容量(128GB→256GB)、プロセッサの処理能力とフロントカメラの性能以外の差異は見分けられません。なので、そうした機能に興味がないのであれば、iPhone6Sでも十分と言えます。

iPhone 7とiPhone 8の違いとなるとさらに差がなくなります。これは、iPhoneが本来の名称で呼ばれるならiPhone7Sであるため、従来通りのスペックアップバージョンでしかないからですね。

実質半額負担のUQとY!mobileはMNPが得

MNPの場合、UQ、Y!mobileともにiPhone6S 128GBで実質負担4万6656円(24回払いで1944円/月)となります。(3GBプラン選択の場合)

3大キャリアであるソフトバンク、docomo、auがiPhone 8を発売していますがiPhone Xの発売で買い控えが発生しているようです。この3大キャリアのメリットは最新型を扱うことであり、それ以外は「ほとんど無い」のが現実です。

対して、格安スマホは月額料金が3大キャリアと比べて実質半額近いので、コストメリットを感じやすいと思います。ましてやiPhone6Sのように、完成されたスマホが手に入るのであれば、魅力的な選択肢なのでは無いでしょうか?

Hiroyuki Kawaguchi

Hiroyuki Kawaguchi

ペルソナ・マーケティングとSEOが大好きで、この道 ◯十年。(歳がバレるから秘密です。)

猫との生活に至福を見出して、地方でテレワークに励んでいるbitWaveのゴーストライター。
Hiroyuki Kawaguchi

コメント