iPhone SE 使用感想 – iPhone5Sから移行の人向け

iPhone SE 使用感想 – iPhone5Sから移行の人向け

こんにちはbitWave編集部です。さて、巷では全く盛りあがってませんが、iPhone SE 買いました。で、届きました!

iPhone SEって、なんでSE?

「なんでSEなんでしょうか?」という疑問を感じていましたが、手にとってわかりました。

きっとiPhone 5S Similar Edition!だって、違いがわかりませんもの。

ではなく、iPhone Special Editionだそうです。

でも本当にiPhone 5SをiPhone SEと言ってもきっと気づきませんよ。

微妙に違う色合い。触り心地は素材の差?

iPhone 5S 持っている人は店頭で比べてみればわかりますが色合いは若干違うようです。外観は(気付かないレベルで)細部にわたるまで変更されているので、おそらくは、素材そのものが変更されているのかと思います。

IMG_0001

右がSEです。光の反射具合にもよりますが、より金色が強くなっているようです。他も発色は名称どおりのカラーに変更されているようで、見た目の印象は良いです。

とは言うものの、比べてみないとわからないレベルなので、おそらく違いを見いだすのは難しいでしょう。

確かにサクサクになった

列挙すると
指紋認証の精度は少し上がった。(地味に嬉しいが1秒認識は変わりなし)
サクサクには動く(特にSafariなどのページめくりは快適)
・スワイプで引っかかる感じがなくなった
タップの反応はまぁまぁ改善
・Wifi速度は10%~20%改善(5sに比べてネットの快適さは増した)

CPU・GPU/通信モジュール/メモリ/バッテリ類は最新のものに置き換えられているのでパワーアップして当然ではあるんですが、ヌルヌル感があるのは、やはりいいですね。

今回も巷で噂の「CPUガチャ」があるらしくサムソン製とTMC製が混在しているようです。

移行は簡単になったかというとそうでもない

iPhone5S発売以来、様々な便利サービスが登場し、その分アカウント管理は増えました。そのため、移行する場合はアプリ分のログイン設定が必要になります。

よって「移行が簡単になった」は、ちょっと違うという印象。

カメラは背面は強化。自画撮り向きではない。

これは発売前から言われてた事ですが、フロントカメラは貧弱でiPhone6Sにはかないません。背面カメラはiPhone6S同等で解像度は上がっています。

我が家の猫を撮影するのが大好きな私にとっては十分なんですが、自画撮り中心の場合は残念な仕様ですね。

IMG_5207
(iPhone SE クリックすると拡大 / やや暗めの部屋)

動画は再生も撮影もサクサク

動く被写体(猫)なので機動力が増したのはありがたい。Retina Flashでシャッターチャンスを逃す事もないでしょう。
カメラの起動も早いし、5Sと比べると良くなっています。

HuluやAmazonプライム動画、Youtubeも快適に視聴できるので、この点は満足。

買い替えのオススメのタイプ

私の場合、5Sを発売当初から使っていて、「バッテリーやディスプレイに1年くらい前から不具合があったが、iPhone 6シリーズの大きさに抵抗があって買い替えてなかった。」「ジーンズの後ろポケットに入れる派なので、座った時のiPhone 6シリーズの耐久性に不安があった。」というニッチな人向けです。

Bluetoothとかの通話機器を使わず、耳にスマホを当てる派にも良いかもしれません。

iPhone6シリーズを持っている人にはもちろん勧められませんし、Androidから乗り換えなら(半年以内に発表されるであろう)iPhone 7をオススメします。

iPhone 5Cからなら、iPhone 7の発表をまって、リーズナブルな価格帯が出なければiPhone SEも選択肢の1つになるかもしれません。

iPhone 5シリーズユーザのための、iPhone SE。そんな感じです。
(1年後にページがなくなるiPhone 5Cの運命をたどりそう!)

コメント