iPhoneXは売れないことをAppleは知っていた?キャリア割引が鍵!

iPhoneXは売れないことをAppleは知っていた?キャリア割引が鍵!

Apple iPhoneX/8が発表されてからまだ2日。しかし、iPhoneの新機種を知らない人がほとんどいない。ニュースバリューの高さを改めて感じます。
プロモーションとしては大成功なのでしょうが、問題は「実際に売れるか?」です。

iPhoneXは深刻な出荷不足と噂される

現時点(9/14)時点で、iPhoneXは出荷台数(初回出荷500万台)と、iPHone7のジェットブラック(初回出荷700万台)よりも深刻な品不足になるだろうと予測されています。

1カラーの出荷台数よりも下回るのは、深刻な品不足と言えます。

発売を1ヶ月遅らせたのも、有機ELディスプレイの製造が想像以上に難航していることが理由なのは、各記事が推測していた通りですが、それにしても全世界で500万台は少なすぎますね。

予約1時間で全世界完売?あとは来年になる?

少し煽り気味の記事が経済誌の予測で散見されます。なんか世界が終わるような表現すら見受けられるのですが(笑)、本当に期待値通りに売れたならこうなると思います。

問題はiPhoneXの価格です。11万円〜の価格に加え、Apple Careが2万円以上。スペックは想定通りで、ほとんどサプライズなし。発売も1ヶ月位遅れるので、機種変更やMNPのスパンなどにも影響があり微妙な状況。

またiPhone8が先に発売されることもあり
・iPhone8が売れなければ「X」待ち?
・iPhone8が売れれば「X」に赤信号?
と、どちらに転んでもAppleの売り上げには悪い影響が出そうですよね。

そして
・そもそも格安ブームの日本で11万円〜を欲しがる人はいる?
という疑問もあります。

誰も買わない?

特に日本の場合、iPhoneユーザが非常に多い特殊な国の1つではありますが、割とドライで金銭感覚もしっかりしている人が多いので、素直にiPhone8に乗り換えるか、まだ2年経ってない(iPhone7ユーザ)ので乗り換えないという判断も多そうです。

他のスマホとどこが違うのか?という点でも、顔認証と有機EL、少し進んだカメラ機能に3万円+の価値があるのかといわれると、確かに疑問もわきます。

サイズが少し大きくなってしまった(現行iPhone7の大きさがギリギリ許容範囲という人)ので操作に不安が残るという声も聞きます。
主に女性の片手持ち派からそんな不安も上がっていました。しかーーし!

キャリア囲い込みで流れが変わるか?

この記事を書いている最中に、Softbankとauが2年契約で端末代金半額!という野心的なプランを出してきました。

“Softbank:48ヶ月割賦で25カ月目以降に機種変更すると、その時点での支払い残額が免除”
https://iphone-mania.jp/news-182417/

“au:24ヶ月割賦で13ヵ月目でさらに新しいiPhoneに機種変した場合、残り12回分の端末料金は免除される”

実質、半額で機種変更可能ということです。こうなるとiPhoneユーザの機種変更意欲(モチベーション)は上がりますね。
また、auも同様の機種変更用の特別キャンペーンを企画しているそうです。高いと思われていたiPhone Xは結果的に割引幅も大きくなり、最もお得な機種となりそうです。

ドコモだけが放置のわけがないですから、発表された端末代金(iPhone8,iPhone8plus,iPhoneX)は全部50%オフという、とんでもないキャンペーンで追い風に転じました。

むーーーー。予約まじで大変かも。

いずれにせよiPhone8の予約情報待ちですね。これが振るわないようであればiPhoneXは売れるかもしれませんし!

でも、僕(筆者)は予約したいから、みんな買わないで!(笑)

【関連】
iPhone X、iPhone8の予約を最短・確実・最安にするための全知識

iPhone X、iPhone8の予約を最短・確実・最安にするための全知識!【随時更新中!】

iPhone X・iPhone8に機種変更!最高にお得で効率的な3ステップを紹介します

iPhone X・iPhone8に機種変更!最高にお得で効率的な3ステップを紹介します!【随時更新】

【3社比較】iPhone X・iPhone8の乗り換え(MNP)一番お得なのはどこ?

【3社比較】iPhone X・iPhone8の乗り換え(MNP)一番お得なのはどこ?

Hiroyuki Kawaguchi

Hiroyuki Kawaguchi

ペルソナ・マーケティングとSEOが大好きで、この道 ◯十年。(歳がバレるから秘密です。)

猫との生活に至福を見出して、地方でテレワークに励んでいるbitWaveのゴーストライター。
Hiroyuki Kawaguchi

コメント