LINEでセキュリティ対策!?

LINEでセキュリティ対策!?

6月末にイノベーションテクノロジー本部主催で「第1回ハッカソン(※)」が開催されました。
テーマは『新たなLINE-BOTを生み出す』。

全16人のメンバーを4チームに分けた社内初の“チーム戦”です。
全チームが通常業務の隙間を縫って考案した『LINE-BOT』を全4回に分けてbitWaveでご紹介させていただきます。

社内サービスに関わることや、今後の商品開発に影響する内容に関してはご案内できませんが、それでも各メンバーの情熱は感じ取れる内容ですので、ぜひご一読ください!

今回は連載最終回、チームTによる発表内容をご紹介いたします。
チームTは厳正なる審査の結果、今大会の優勝チームにあたります!

(※ハッカソンは短期間・短時間で行われるものですが、今大会は約一カ月の長丁場。本来のハッカソンの意味合いとは異なりますが、通常業務の合間を使った“実工数短期間”のイベントであることから、あえてハッカソンと呼ばせていただきます)

LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API で「こわい猫」返信ボットを作ってみた』
LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API はLINEの大いなる野望への第一手である』

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

公正な抽選方法(あみだクジ)により、参加4チーム中トップバッターでの発表!
幸先がいいんだか、悪いんだか……。

さっそくですが前文にもあるとおり、初めてのハッカソンのお題は「LINE-BOT」を作成すること。事前にモックを作成し、当日にプレゼンテーションを行うといった流れになります(事前にモック作成が許されていたため、一般的なハッカソンとは若干趣旨が異なりますが)。

ただ闇雲にモックを作成すればいいわけではありません。業務時間を使ってのモック作成ですので、製品化を念頭におく必要がありますし、そういった意味合いではネタ的なものは好ましくないという条件付きでした。
では、我々チームTがどんなモックを作成したのか、それをこれからご紹介させていただきます。

LINE-BOTでカンタン認証!

我々のチームは「画像を使った認証システム」になります。

通常のウェブサイトでユーザ認証を行う際は、わざわざログインIDとパスワードの入力を強いられてしまうものですが、今回のデモで紹介したものは安全性を担保しつつIDとPASSなしでログインが可能になるシステムになります。

簡単に流れを説明すると以下のようなものになります。

下準備

実際の画像によるログインの前に以下3つを紐付けておく必要があります
・デモ用のサイト
・LINE-BOT
・LINEをインストール済のスマートフォン
※デモでは事前に用意したサイトにID、PASSでログインし、紐付ける様子から見ていただきました

手順1

ログイン画面にてカラーバーコードを表示

手順2

カラーバーコードをカメラで撮影

手順3

カラーバーコードをLINE-BOTに通知

手順4

ログイン画面が自動的にログイン後の画面に切り替わる

これらの仕組みが当たり前の世の中になれば、ユーザもIDやPASSに縛られないので非常に便利になるのではないでしょうか。また、企業側も情報漏洩のリスクが減るのでメリットは大きいことも付け加えておきます。

ただし、ゼロベースから作成を行っているので、当然課題も見えてしまいます。ハッカソン用に急ごしらえで作成したものとはいえ、実運用を行うには時間と費用を投じる必要は感じました。

しかし、それに見合うだけの価値はあると思ってます。

本当であれば今回用いたデモをこの場でお見せしたかったところですが、使用したカラーバーコード自体が参考した製品があるため、そのまま公開・商用転用はできません。

まったく異なるロジックで組むか、然るべき手順を追って実製品にしたいところです。

image03

発表を終えて……

正直なことを申しますと、普段の業務量が増加傾向にあったので、今回のハッカソンは適当に流すつもりでいました。

しかし、チームメンバーの一人がこの案を出してくれたおかげで、モチベーションが上がった上にそれを維持したまま最後まで突っ走れました( 土日は4週続けて潰れましたけど。。。)。

また、通常業務では体験しえなかったことを体験したことで、各自のスキル幅も広がったのではないでしょうか。

image07

発表当日は4人のメンバーのうち2人が不在!
数的不利な状況ではあったものの、綿密な打ち合わせが功を奏し、滞りなくプレゼンテーションを実行した

とはいえ、普段の業務では各々が重責有るミッションをこなしているのは事実です。

より、通常業務の効率化を積極的に働きかけなければ、こうした新しいアイデアから新しい製品を生み出す時間を捻出できないという点では、ハッカソンの有無関係なしに考慮しなければなりませんね。

image04

見事、第1回ハッカソン優勝!
このハイタッチを目の当たりにし、他チームは第2回ハッカソンでのリベンジを誓うのであった

「ただの酒好き」 の過去の掲載記事はコチラ
「峯岸 友紀」 の過去の掲載記事はコチラ
「岡村 公平」 の過去の掲載記事はコチラ
「may」 の過去の掲載記事はコチラ

コメント