LINE CREATORS STUDIOでスタンプつくってみた

LINE CREATORS STUDIOでスタンプつくってみた

皆さんこんにちわ。今年は「人生でやったことがないことをやってみよー」が目標の大谷です。
何をやるかって?

・メルカリで売ってみる
・電車で国境を超える(9月にヘルシンキからサンクトペテルブルクに行くよ!)
・LINEスタンプを売る

LINEスタンプを売る

みなさんスタンプ買いますよね。LINEのスタンプ。
数年前はちまちまと無料のスタンプをダウンロードしてました。

少しオトナになって(お財布に余裕がでてきたもので)、有料のスタンプなんか買ってみるようになりました。

でも飽きますね、飽きるんですよ。同じスタンプ。既読無視ばっかりする私がスタンプ買うんですよ。
その有料で買ったスタンプ使えってね、はい。

で、最近は名前スタンプなるものがあるのご存じですか?

同じ部署の子とLINEをしてた時にこれが返ってきて、なんだこれ!と気になっちゃって、すぐ自分の名前のスタンプを買いました。

それで色々な人に使ってみるんですが、次の瞬間から名前スタンプが返ってくるんです。
つまり、みんな同じように気になっちゃって、買ってるわけです。
その普及率たるやすごいです。購入率80%くらい。

これ自分で作れたら結構売れそうだよね、名前スタンプ。
でも、イラレとかフォトショとか必要?審査??ムリ―だったんですけど、そんな人にもぐっと
ハードルが下がるLINE Creators Studioなるものがリリースされました。

LINE STAMPを作る

フォトショとかイラレとかそんなものいりません。スマホでとった写真をトリミングして、
適当に絵文字つけて、文字もつければあのマーケットで売ってるようなスタンプが自分で簡単に作れます。

とにかくお手軽にスタンプが作れてしまうのです!

早速スマホから写真を選んで、文字を入れて30分くらいで10スタンプできました。

次に審査の申請です。

ここで申請者の名前を登録したり、説明を入れたりします。海外の方向けに英語の説明も必要です。

審査期間は約8日間で意外と厳しいのかな?と思っていた審査もなんなくクリア。

販売を押して数十分から数時間後にLINEのStoreに並びます。

※手順は、弊社のライターricemanによるブログで詳細にかかれていますのでこちらをどうぞ!

LINE STAMPの売れ行きは?

売れ行きはどうかって?売り出してから今日で一週間ですが、買ったのは自分のみ!
自分で買った瞬間、私はLINEの戦略に乗ってしまったと思いました。だって、自分で作ったスタンプ絶対買うじゃないですか。

簡単だからこそ、この戦略に乗ってしまうのでしょうか・・・・

総じて何がいいたいかというと、名前スタンプの話はどこいった?ってなりそうですが、結局作ったのは名前スタンプではなく我が家のキャットモモちゃんのスタンプです!

アプリのインストールや販売はもちろん無料です。
もしスタンプが売れれば、App Store・Google Playなどの手数料を差し引いた、売り上げの35パーセントが作成者にバックされるようです。

みなさんのご購入お待ちしております☆彡

コメント