Microsoftのディープラーニング|パックマンで前人未踏のフルスコア!?

Microsoftのディープラーニング|パックマンで前人未踏のフルスコア!?

これまで機械学習のサンプルとしてゲームが使用されることが多いとご紹介させていただいたことがあります。
<bitWave関連記事『DeepDrive|AIが “ゲームの達人” になる日も近い!?』>

オープンプロジェクトチーム「DeepDrive」はゲーム「GTA」の自動車運転を ――
そしてITの巨人「Google」が作成したライブラリ「TensorFlow」でゲーム「マリオカート」を ――

周回を重ねるごとに最短ラインを走行してみせるAIたちには驚愕されっぱなしです。
あれ、待てよ。

 コイツらクルマの運転しかしてねぇじゃん!  

確かに今はコネクテッドカーの時代。
今年1月にはフォード社とトヨタ社とで非営利団体「スマートデバイスリンク コンソーシアム」を設立したばかりです。
<参照:TOYOTA Global Newsroom『業界標準化に向けたコンソーシアムを設立』>

ただし、この「スマートデバイスリンク」はあくまでもスマートフォンと車載端末の連携を重視したもの。
しかし、これらのノウハウは確実にオートモーティブAIの実現化に向けた第一歩となることでしょう。
こういった社会的風潮が、ドライビングシミュレータやレースゲームを機械学習の良きサンプルに押し上げているのかもしれませんね。

でも……、AIはクルマの運転以外はダメなんじゃね?
すでにAIは “ゲームは好きだが大して上手くない” 私を上回っている現状にありますが、追い打ちをかけてくれる情報をricemanさんが共有してくれました。
<参照:livedoor NEWS『MicrosoftがAIを作成 「パックマン」でフルスコアを叩き出す』>

パックマンは単純ながら難しいゲーム

パックマン?
そう、丸いピザから1ピースだけ取り除いたようなルックスのパックマンです。
確かにオートモーティブAIとは無関係そうなゲームですよね。

このプロジェクトを実施したのはディープラーニング技術の研究に注力するチーム「Maluuba」。
今年1月にMicrosoft社に買収されたカナダのスタートアップ企業です。

彼らはAIのチカラによって、パックマン(正確にはミズ・パックマン)のスコアをカンストさせてしまったのだそう。
その様子の動画も公開されています。

そもそもパックマンのカンストって、どれだけ難しいことなのでしょうか。