SeleniumとGoogle Spreadsheets(3)「Eclipseの初期設定編」

SeleniumとGoogle Spreadsheets(3)「Eclipseの初期設定編」

どうも、さむらいです。
最近業務の都合上、最近 Selenium を触れていません。
でも負けない。

ということで、前回は基本的な環境セットアップが出来たであろうことを想定して、プログラムの説明に入ります。ここから、4回くらいに分割してお届けします。

SeleniumのライブラリをJavaプロジェクトに含める。

前回の記事を受けて Selenum Web Driver がダウンロード済みであるかと思いますので、早速ドライバのライブラリをプロジェクトに含めます。

まずは、Eclipceで新しくプロジェクトを作ります。
image02
プロジェクト名は任意に入れて下さい。ここでは testSelenium とします。その他はデフォルトでいいです。
入力したら「次へ」ボタンをクリックします。そうすると以下のウィンドウが開きます。
image08
上部タブの「ライブラリー」をクリックしてください。
image13
この画面になったら、ウィンドウ右側にある「外部jar追加…」ボタンをクリックします。

ファイル選択ダイアログが表示されるので、ダウンロードし、解凍済みのjarファイルを選択します。
image06
まずはselenium-java-2.43,0.jarを選択し、その後、libsフォルダのファイルを全て同様に選択します。
image10

下の画像は追加後の画面です。
image12

完了ボタンをクリックします。
以下のようにパッケージエクスプローラーを開いた際、参照ライブラリに上で追加したライブラリが含まれていればOKです。
image11
※フォルダにさむらいの本名が入ってるけど、気にしないでw

ここまでで Selenium WebDriver の利用準備が整いました。同じようにGDataAPIライブラリも追加して、ライブラリ関係の設定は一旦完了です。

次回は Chrome Driver のセットアップと、プログラムへの記述の仕方をご紹介します。

コメント