SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較

SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

MotoX4(モトローラ)

MotoG5 plus(モトローラ)など

第5位 IIJ(みおふぉん)

IIJ(みおふぉん)公式サイト

IIJ(みおふぉん)という主に法人向けのITサービスを提供している企業のMVNO。ですので法人顧客が多いのがIIJの特徴です。そして取扱端末が豊富なのが人気の要因の1つです。みおふぉんもdocomo、auから回線を借りているマルチキャリアでdocomo端末、au端末をそのまま使用可能です。

月額830円で10分かけ放題という通話オプションも人気の要因の1つです。因みに人気の楽天モバイル、同じマルチキャリアのマイネオの場合月額830円で5分かけ放題ですので、この違いは大きいと思います。

IIJ(みおふぉん)が現在取り扱っている主要端末(※2017年12月現在)

CATS60 (CAT)

aroows M04 (富士通)

MotoG5 plus(モトローラ)

VAIO Phone(VAIO)など

以上、MVNO人気ランキングでした。こう見ると端末がよりもMNOマイナーな物が多い現状です。その点はMVNOのメリット、デメリット双方の要因に当たります。

MVNO人気端末ランキング

1位 HUAWEI nova lite

約2万円の端末で、3D指紋センサー搭載。大容量バッテリー。通常使用で約2日間続くバッテリー寿命。14オクタコアCPUによる快適なスマホの処理速度の高性能スマホ。これはMVNO端末ランキングで人気第一位に成る事がご理解頂けるかと思います。デメリットとは防水携帯で無いことが上げられます。

スペック

CPUコア数:オクタコア

ROM:16GB

RAM:3GB

バッテリー:3000mAh

lite

HUAWEI nova liteとSimカードとセット販売しているMVNO

楽天モバイル DMMモバイル OCNモバイルONE IIJ(みおふぉん) BIGLOBEモバイル

主なキャンペーン:
BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

2位 HUAWEI P9 lite

昨年に発売され、SIMフリースマホの大人気端末となったHUAWEI P8liteの後継モデルが、P9 lite。P8liteがコスパモンスターの異名をとったのは、約3万円という価格でありながらワンランク上のスペックを誇ったからですが、P9 liteでも同じくコスパモンスターと呼ばれております。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。