SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較

SIMフリー時代のMVOと格安SIMキャリアの徹底比較
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

BIGLOBEモバイルなら1年目 月額換算すると 600円(税別)~

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

IIJ(みおふぉん)キャンペーン

まとめ

MNOとMVNOの現状は如何でしたか?私自身今回の取材でMVNO業界の進化のスピードに驚かせられました。

その内容は国内のMVNO数、料金プラン、端末の種類とそのスペックなどです。やはりMNOに慣れてしまっていてMVNOについての詳細は余り良く解らない、契約を変えるのが面倒だ、などの意見が比較的年配の方には多い現実です。逆に若いスマホユーザーのMVNOの使用率は高年齢層の方々より高い現実です。

これからはMVNOも今現在より一層料金プラン、端末の開発、広告の出稿、設備投資にも力を入れて行くのでMVNOユーザーは更に増えて行くでしょう。ですので現在MNOは今までより通話料金を安くしたり様々なサービスやキャンペーンに力を入れております。このMNOとMVNOとの企業間競争の今後の展開には注目です。

今回はユーザーシェアランキング5位までのMVNOをご紹介させて頂きましたが、その他TONE、エキサイトモバイル、LIMBO、イオンモバイル、Yモバイル、ラインモバイル、UmoBiLE、nuromobile、J-comモバイル、FREETEL、NifMo、 DTI SIM、b-mobile 、ぷららモバイル、 ワイヤレスゲート、YAMADA SIM 、BICモバイルONE、その他などを含めると、国内に約25もののMVNOが存在するので、我々一般ユーザーには中々解りやすく正確な情報が発信される機会が少ない現状です。

読者の方々もこれだけのMVNOの解説ではまだ料金プラン及び端末に不安があるという方々も多いかと思われますので、繰り返しと成る部分も御座いますが、MVNOの店舗に足を運び、より細かな事を店舗スタッフの方に直接質問する事をお勧めいたします。

また人気MVNOキャリアのHPは記載させて頂きましたので、ご自身でしっかりと電話等で質問したい事を質問してから、ご自身で選択したMVNOのサービスの内容を確実に把握されてからの契約をお勧めさせて頂きます。

さて今のMVNOの状況は日本にインターネットが普及し初めた頃のISP(インターネットサービスプロバイダー)の業者の状況と良く似ていると感じられます。業者の数とプラン。どの業者を選択すれば良いのか良く解らない事が共通点です。

その頃と比べるとISP業者の多くが淘汰されましたので、現実これだけの数のMVNOが長い間存続するのかという点の答えは明らかにNOだと思われます。

ですが、この中の一部のMVNOが今よりも力を伸ばし、MNOのシェアを今現在よりも獲得するのは時間の問題だと思います。我々ユーザーはしっかり料金プランや乗り換え料金などを調べ、自分に合うMVNOがあるならば、それを選択し少しでも通信料金を節約したいものです。

高齢の方や子供など、携帯を殆ど使用しないユーザーの方々には現時点でMVNOへの切り替えを最後にお勧めさせて頂きます。

ライター 小池ゆりお

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。