SIMロック解除|auで手続きする場合の手順と条件と期間を解説

  • 2018年4月11日
  • by 
SIMロック解除|auで手続きする場合の手順と条件と期間を解説

6 SIMロック解除後のau端末利用設定法

Androidでの利用設定手順

Androidでの利用設定手順は以下の通りです。

  1. 利用したい他社のSIMカードをau端末に挿入
  2. au端末の電源を入れる
  3. Wi-Fi接続する
  4. 各操作(設定→端末情報→SIMカードの状態→SIMカードの状態を更新)設定ファイルを更新
  5. 設定ファイルをダウンロード
  6. 再起動する
  7. 設定完了

これが利用設定手順になります。
ただし、端末によっては操作が異なることもあるので、各端末のSIMロック解除の手順は取扱説明書にて一度確認してください。

一方、設定状況を確認するには、SIMカードの状態画面にてステータス(許可は利用可能状態・未許可は利用不可状態)をチェックしてみましょう。

iPhoneでの利用設定手順

iPhoneでの利用設定の場合、まず利用の通信事業者に連絡をします。iPhoneのSIMロック解除ができるのは通信事業者のみだからです。
問い合わせてSIMロック解除を依頼することができますが、条件が合わなければSIMロック解除できない場合もあるので、注意が必要でしょう。通信事業者からiPhoneのSIMロック解除の確認通知が来たら、SIMカードを用意します。

利用中の通信事業者とは違う通信事業者のSIMカードを持っている場合

  1. SIMカードを取り外して新しい端末に挿入
  2. iPhoneを再び設定

別のSIMカードを持っていない場合

  1. iPhoneのバックアップ作成
  2. iPhoneのデータを消去
  3. 作成したバックアップからiPhoneを復元

7 SIMロック解除における3つの注意点

注意1:au端末などに保存されたデータ

SIMロック解除をした場合、au端末に保存されている各種データ(画像データ・アドレス帳・メール等)、設定情報等が変化もしくは紛失する場合があるので注意が必要です。

もしも紛失した場合でも、auでは対処してくれないので、SIMロック解除の時は、自身で各種データをSDカードやパソコン内に保存するバックアップが必要になります。

大切なデータを引き継ぐ意味でも、SIMロック解除する前にしっかりバックアップをしておきましょう。

機種変更前に必ず!必読のアプリ別バックアップと復元方法

 注意2:他社SIMカードを利用する場合は動作保証されない

auでは、au端末に他社のSIMカードを挿入して利用する時、その動作内容について一切保証してくれません。もしも上手く起動しなくても、文句が言えないのです。

また、利用サービス・機能・アプリケーション・コンテンツの利用等が制限される場合があるので、その旨を予めおぼえておきましょう。

ただし、機種本体の修理故障の場合は、通常通りSIMロック解除後もau窓口にて受付していますので利用できます。auの回線契約がない時は、修理故障の代替機貸し出しはないので、注意しましょう。

注意3:SIMカード利用料金がかかる

利用しているSIMカード提供事業者が定めている利用料金がかかります
電気通信サービスの提供事業者にて詳しい金額内容を知ることができるので、直接問い合わせてみてください。
auでのSIMロック解除サービスは、一度申込完了後はキャンセル不可であり、解除したau端末に再度SIMロック設定をすることも出来ません。

8 au回線おすすめ格安SIM

速度重視ならUQモバイル

auと同じKDDIが提供している格安SIMの代表格と言えば、やはり「UQモバイル」は外せません。
なぜなら、UQモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンクと言った大手にも劣らない程の速度を誇っているからです。
他の格安SIMと比べて圧倒的に速く、回線が混雑する通勤時や昼休みも比較的安定しています。

今なら、最大13,000円の現金キャッシュバックキャンペーンを実施中です。
プランごとのキャッシュバック額で、プランSは11,000円・プランMは12,000円・プランLは13,000円になっています。

【2018年4月】UQモバイルのキャンペーン内容・条件・期間の詳細情報

契約者同士データシェア可能なmineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)はau回線・ドコモ回線どちらの回線とも対応している格安SIMです。
データ量に関しても500MBのミニマムプランから30GBの大容量まで幅広くプラン選びができるのも人気の秘訣になっています。

もしもデータ容量が不足してしまっても、契約者同士でデータ容量をシェアすることができる「フリータンク」という独自サービスも魅力的でしょう。

2018年おすすめ格安SIM|ドコモとau 2つのキャリアに対応した会社を比較

ファミリー利用に人気のIIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)は、au回線・ドコモ回線どちらの回線にも対応している格安SIMです。
IIJmio(みおふぉん)の魅力は、家族間でタイプA(au回線)・タイプD(ドコモ回線)の別々の回線を利用していたとしても、データシェアしたり、家族間通話がお得だったりする、ファミリーにとって嬉しい格安SIMになります。

IIJmioに乗り換えた理由は「毎月の支払いが4分の1になるから」

9 auのSIMロック解除まとめ

ずっとau回線のスマホ・携帯電話を使い続ける人は特に問題はありませんが、他社に乗り換えたい時、そのままデータを引き継ぐ為にSIMロック解除は必要です。

とは言っても、今使っている端末ではSIMロック解除できる条件に当てはまっていないかもしれません。というわけで今一度条件を確認してみてください。

  • 2015年4月23日以降のSIMロック解除機能つき機種である
  • 契約者本人購入履歴がありネット制限されていない

上記の条件をクリアしているのであれば、auショップやネットで申し込みをしてSIMロック解除できるはずです。

SIMフリーiPhoneとは?SIMロック解除の方法とメリット