Siriに「起動」と話しかけるだけで自作のアプリが起動できる『起動』アプリを作ってみた

Siriに「起動」と話しかけるだけで自作のアプリが起動できる『起動』アプリを作ってみた

最近こんな記事が話題になりました。

「エヴァンゲリオン初号機起動」と「計算機」が起動する

現在はSiriが改善されてしまい、残念ながら「エヴァンゲリオン初号機起動」では「計算機」は起動されなくなってしまいました。

image16

いまどきのSiriの「起動」状況

この仕組みを調査するため試してみると「◯◯機起動」と話しかけると『計算機』が起動されますね。
例:「中古機起動」

ちなみにこの「起動」に関しては省くこともできます。
「計算機」と話しかければ『計算機』が起動するわけです。当たり前ですが。

ちなみに今のところ
「天気計算機」
「計算機天気」
と話しかけると今のところ「計算機」が起動するようになっています。

ここで私は考えました。
『起動』というアプリを作れば「起動」でも「計算機起動」でも「◯◯起動」でもなんでも私の作った『起動』アプリが起動されるのではないかと。

試しに作ってみました。

①XCodeで新規プロジェクト作成

Create a new Xcode projectをクリック

image14

②アプリのテンプレートやプロジェクト名を適当に設定

③アプリのbundle nameを「起動」に変更

image12
画像の$(PRODUCT_NAME)を『起動』としてください

④アプリを実機にインストール

これだけで完了です!!!

それでは実際にSiriに話しかけて見ましょう。

「起動!!!」

image15

ん???

うまく行かないようです。

これではどうでしょうか。「起動起動」

image13

見事に『起動』アプリが起動させることができました。

しかしこれでは毎回「起動起動」と話しかけなければいけませんね。。。

と思っていたところ、2回目以降は

「起動!!!」

だけで『起動』アプリが起動できるようになりました!!!学習してくれた!

ここで肝心の「◯◯起動」を試してみましょう

「計算機起動!!」

image08

ん???

残念ながら
「◯◯起動」を『起動』アプリが占領することはできないようです。

しかしそう簡単に私は諦めません。

『計算機起動』という名前のアプリを作成すれば「計算機起動!!」と話しかけるだけで『計算機』アプリではなく私の『計算機起動』アプリが起動するのではないかと。。。

試してみます。
先ほどの$(PRODUCT_NAME)を
『計算機起動』に変更をして改めて実機にインストールしてみます。

それでは改めて・・・
「計算機起動!!!」

image08

・・・残念ながら『計算機』が起動されてしまいました。

もはやここまでか。。。

と諦めかけたのですが、
もう1度話しかけてみると。

image17

今度は私の『計算機起動』アプリを起動することに成功しました!!!

ということでこの記事をみているアプリ開発を考えられている皆様
自分のアプリの起動数が少ないなぁと思っているのであればー

『(標準搭載アプリ名)+起動』
というアプリを作成してアクティブユーザー数を増やしてみてはいかがでしょうか?

Appleの審査が通ればの話ですが。。。

コメント