SpriteKitでゲーム【やくいんツムツム】を作ってみた1

SpriteKitでゲーム【やくいんツムツム】を作ってみた1
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、同僚が熱心にLine ツムツムを遊んでいるところをみて、これが社内の人間の顔写真だったらとても面白いなと思い試しに作ることにしてみました。

やくいんツムツム

画面上から毎秒落ちてくる社長並びに取締役役員を、同じ人間ごとにつないで消すと得点が増えるぞ!
高得点を取って「やくいん」や「しゃちょー」を目指そう。

スクリーンショットはこちら↓
image06

動画はこちら↓

ゲームの作り方

1:XCodeを開いてCreate a new Xcode projectをクリック!
2:iOS->ApplicationよりGameを選択!
3:適当な名前(ProductName)を決めてくれよな!
4:開発言語はObjective-CかSwiftのどちらかを選択するが
 今回はObjective-Cの説明だぞ!
5:ゲームを開発
デフォルトで「GameScene」「GameViewController」というファイルがあるから
今回はここだけいじっているぞ!!

SpriteKitとは

タイトルに記載のSpriteKitがよくわからない人に簡単な説明をさせていただきます。

Apple公式リファレンスより引用

SpriteKit provides a graphics rendering and animation infrastructure that you can use to animate arbitrary textured images, or sprites. SpriteKit uses a traditional rendering loop where the contents of each frame are processed before the frame is rendered. Your game determines the contents of the scene and how those contents change in each frame. SpriteKit does the work to render frames of animation efficiently using the graphics hardware. SpriteKit is optimized so that the positions of sprites can be changed arbitrarily in each frame of animation.
SpriteKit also provides other functionality that is useful for games, including basic sound playback support and physics simulation. In addition, Xcode provides built-in support for SpriteKit so that you can create complex special effects and texture atlases directly in Xcode. This combination of framework and tools makes SpriteKit a good choice for games and other apps that require similar kinds of animation. For other kinds of user-interface animation, use Core Animation instead.

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。