Stanttと今hotなオーダーメイドシャツ業界|海外記事PickUp

Stanttと今hotなオーダーメイドシャツ業界|海外記事PickUp

Hello! Yukari Sugamaです。
今回は、前回取り上げたStanttについて、日本企業も含めた競合他社とあわせて見ていきたいと思います!

前回のおさらい

Stanttでは、特別なサイズシステムが特徴。

膨大なデータから20万を超える測定基準をつくって、75のサイズを作成。

また、価格面でも仲介を通さないので、安い値段で提供できる。

Stantt以外の他社で『オンラインで可・低価格・高品質』のオーダーシャツメーカーを調べてみました。

・オリジナルスティッチ(USA日本 *)
https://ja-jp.originalstitch.com/

Original_Stitch
*オリジナルスティッチさまより国内生産(長野)とご指摘がありましたので修正させていただきました。

・鎌倉シャツ(日本)
http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/mtm.aspx

KAMAKURA

・チョイス(日本)
https://ct-choice.com/

CHOiCE

・ラファブリック
https://lafabric.jp/

LaFabric

この多くはテッククランチブリッジに掲載されるなど、特に昨年から、大きな市場の伸びが期待されています。

Stanttに至っては、Kickstarterで約180万円を目標に資金集めをした所、なんと約1400万円を超える資金も獲得したそう!

オーダーメイドシャツという正直、新規性があるとは言い難いビジネスモデルで、これだけ注目が集まるということは、既製品のサイズ感に多少なり不満があり、個人の身体にフィットする商品のニーズが高かったということでしょう。

ただしこの業界、既に多くの企業が進出している為、今やオーダーシャツ市場は群雄割拠の状態と言っても過言ではありません。

各社がどのようなサービスを提供しているのか、各社の違いについて4社を選んでまとめてみました。(2015年10月時点情報)

 Stanttオリジナルスティッチ鎌倉シャツチョイス
USA日本日本日本
実店舗有(アメリカ2店舗)有(最近SUIT SELECTと提携全国18店舗
品質◎ MADE IN JAPAN◎ MADE IN JAPAN
価格△(約1.2万~)○(8,500円~)△(1.2万~)◎(一律4980円)
素地の豊富さ
○(約200種類程度)○(230種類程度)?(おそらく選べない)

まとめ

既製品なら品質の良いシャツでも5000円から買える時代。(個人的には鎌倉シャツが好き)

もし私が男性だったら、オーダーの良さを実感できなければ、2倍の値段を出してオーダーシャツに挑戦することはなかなか無いかもしれません。

しかし、最近では返品を可能にする企業もあり、工夫が凝らされています。
近々初回無料という制度もできるかもしれませんね!

数ある企業の中から、お気に入りのメーカーが見つけるのも楽しいかもしれません。

個人的には、Stanttのサイトや店舗がとってもおしゃれなので、一度はアメリカの店舗に行ってみたいです!

コメント