UI/UXデザインの将来がそろそろ来ますよ~

UI/UXデザインの将来がそろそろ来ますよ~

UXが専門進化している事に、皆、もう気が付きました?
まだ?

UXの専門進化

では、ヒント出しましょう:
image07
image08
image10

そう!
バーチャルリアリティが日常生活に現れます。

本当かな?

本当ですよ~!

まず、上記の画像のご覧の通り、ITのジャイアントがVRテクノロジーにすごい力を入れています。

そして、ゲーム分野で培われたた3D技術が他の業種にも早いスピードで広がっています。
例えば、Unreal Tournament(FPSの3DCGゲーム)のエンジン(Unreal Engine)がゲーム以外の目的に使われています。

また、(低く見積もっても2020年までは続く)ムーアの法則でCPUの処理速度は日毎に高速化を続けています。

それでも限界が近いと言われるシリコンウェハーの世界から、全く異なる原理のコンピュータに移行する事で革命的に速度向上を図ろうとしています。

例えば、Googleが開発する量子コンピュータリサーチの大ニュース が先週発表されました。

更に、ビッグデータが増えます。ビッグデータの利用可能性も増えます。データの利用可能性と言うのは、複雑なデータをどんな環境でもどんな文脈でも表示可能にすること。

例えば平面地図では多くの情報を表示するのに、何かを表示する替わりに、何かを隠さなければなりませんでした。それも限界があります。

対して、3Dであれば簡単に表現できる事もあります。それもVR上で出来ることの1つです。

何が変わる?

簡単に言うとUI・UXデザイナーのスキルセットが広くなります。
特に3Dデザインと3Dインタラクションのスキルが必要になります。
そういうスキルをそろそろ手に入れれば?

実は、私・・・

・・・12年前ぐらい3Dをやって見ました。
3Dにすごい興味があって、下記の作品を勉強のため作りました:

image05

image06

初めて作ったシーンでしたが、結構満足して「もっとやりたい!!」と思いました。
が、甘かった。

実は、当時の3DCGソフトは凄く高額で、レンダリングの時間もとてつもなく掛かるのが分かって諦めました。
待つのが苦手です。w

でも現在は違う!

現在、無料の3Dソフトが沢山あります:
■ Blender ( http://blender.org/ )
■ Sculptris ( http://pixologic.com/sculptris/ )
■ Clara ( https://clara.io/ )
■ Daz Studio ( https://www.daz3d.com/get_studio )

そして、WebGLが最新のブラウザーに導入されています:
■ Three.js ( http://threejs.org/examples/#webgl_buffergeometry )
■ Babylon.js ( http://www.babylonjs-playground.com/ )
■ GLSL shader editor ( http://glslsandbox.com/ )

更に、Render Farmsもあります(CPUはクラウドにあります):
■ Render Farms ( http://rentrender.com/all-render-farms-list/ )

頑張って!

自分のワークフローに3Dを少しでも入れて見れば?
切っ掛けが少ないですが、例えば、適切な素材が中々見つからない時に3Dを使って理想の素材を出すのは1つのアイデアですね。

私も頑張ります!

Franck VESCHI

Franck VESCHI

シニア UI/UX デザイナー・デベロッパー at 株式会社ショーケース・ティービー
毎日、デザイン・UX・コーディング等に関係ある新しい技術・情報をわくわくしながら探しています。昔から好奇心の強い性格なのです!新規プロジェクトをいつも「冒険」のように受け取っています。このスタンスのお陰で、毎日の仕事が非常に面白いです。

今まで書いた記事:
http://bitwave.showcase-tv.com/author/franck/
Franck VESCHI

コメント