UQモバイルの学割キャンペーン「UQゼロ学割」を徹底分析

UQモバイルの学割キャンペーン「UQゼロ学割」を徹底分析
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

UQモバイルは 2017年12月7日に「UQゼロ学割」の詳細発表を開始しています。スマホデビューはUQ mobile、「UQゼロ学割」はどのような内容なのでしょうか。

UQゼロ学割の概要をおさらい

月額基本料金が最大3ヶ月ゼロになるため、最初に必要な料金が少なくなります。12月中に申し込むと2018年3月末まで月額料金が無料になるシステムとなっており、早めに申し込む方がお得にUQモバイルを利用できる仕様です。

また「データ容量」がずっと2倍になることも特徴です。
本来であれば2年間の期間限定でデータ容量が2倍になるキャンペーンですが、学割対象の場合は次回の機種変更までデータ容量の2倍期間が続きます。もし2年未満で機種変更を行ったとしても2年間はデータ容量が2倍のままなのでお得です。

ぴったりプランを申込んだ場合は、無料通話料2倍キャンペーンも次回の機種変更まで継続するため、更にお得な仕様になっています。

UQゼロ学割の詳細を細かくチェック

料金の詳細

UQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランはS、M、Lの3種類が設定されています。どちらも1980円、2980円、4980円です。月額利用料が3ヶ月分無料なので、割引額は最低5940円~最大14940円です。

学割時の詳細は記載されていませんが、プラン内でS、M、Lを変更することは申し込み翌月から可能となっているため3ヶ月間Lプランを試してみることもできるでしょう。

多くの学割サービスでは1年間毎月500円~1500円を継続して割り引くものが多くなっていますが、Lプランで14940円分が無料になることを考えれば大きな割引です。データ容量や無料通話も機種変更するまで2倍のままなので、長期間継続してUQモバイルの利用を考えている学生にもぴったりなのではないでしょうか。

UQゼロ学割の対象者

18歳以下の方が契約者または利用者であれば、学割プランが適用されます。「ぴったりプラン」もしくは「おしゃべりプラン」で新規またはMNPにより契約することが条件です。対象は5歳~18歳となっています。

未成年が契約者となる場合、親権者同意書と親権者の本人確認書類の提出が必要です。契約者と親権者の苗字や住所が異なる場合は、続柄を証明する戸籍謄本か住民票が必要です。発行日から3ヶ月以内のもので、続柄記載があるものに限ります。

また利用者が18歳未満の場合は、親権者名義でのご契約およびフィルタリングサービスの申し込みが必須に設定されています。また、契約者が親権者である場合は契約者の本人確認書類と利用者の本人確認書類の提出が必要です。

「UQゼロ学割」の適用は、1人1回線に限ります。複数回線を同契約者、利用者で申し込むことはできません。

UQゼロ学割の受付期間

2017年12月8日~2018年5月31日

最大3ヶ月の月額基本料金が無料となりますが、2017年12月中に「UQゼロ学割」を契約した場合に限り12月利用分から2018年3月末まで月額基本料金が無料になります。3ヶ月以上の割引期間があるためややお得です。

併用可能なキャンペーンは?

UQゼロ学割を利用していても、利用開始から13ヶ月間「スマトク割」(1,000円/月割引)と「イチキュッパ割」(1,000円/月割引)が適用になります。なお「UQ家族割」も適用対象です。

UQゼロ学割は3ヶ月間月額利用料が無料になるだけなので、併用不可のキャンペーンは基本的にありません。

UQゼロ学割の注意事項

2年間の契約期間内に解約した場合、契約解除料9,500円がかかりますが、UQゼロ学割に関わらずおしゃべりプランまたはぴったりプランは2年間の縛りが設けられています。学割を利用することによるデメリットはありません。

UQゼロ学割の申し込み方法

ウェブまたはUQモバイル対応の店舗で申し込むことができます。

ウェブの場合

契約者が親権者限定です。申し込み時に18歳以下の利用者登録が別途必要です。

本人確認アップロード時に必要なものは契約者の本人確認書類と未成年者の本人確認書類です。

店頭の場合

親権者が契約者になるだけでなく、利用者本人名義で申し込みを行うこともできます。

契約者が親権者の場合

ウェブ申し込みと同様に、契約者の本人確認書類と未成年者の本人確認書類が必要です。

契約者が未成年者の場合

未成年者の本人確認書類、親権者同意書、親権者の本人確認書類の3点が必要です。
なお契約者が小学生以下の場合は、親権者名義での契約となります。中学進学の2ヶ月前から本人名義での申し込みが可能となります。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。