UXとPDCA、サイトリニューアルの戦略、UXレポート、グラフ・チャートのライブラリ、レスポンシブのロゴなど(デザインとUX/UIのウィークリーまとめ)

UXとPDCA、サイトリニューアルの戦略、UXレポート、グラフ・チャートのライブラリ、レスポンシブのロゴなど(デザインとUX/UIのウィークリーまとめ)
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

お疲れ様です

今週の【UX・デザイン】の情報共有です。

今回は盛りだくさんの6つの情報をご紹介しますよ!

UI ・UX

UXとPDCA

PDCAサイクルを回すことはUXの根源に関わる大切な行為です。
つまり、UIの作成が完了したからといって終わりになることはなく、PDCAサイクルを回し続ける限り、ずっと続くものだと考えましょう。

下記のフロー画像は日本の一般的なPDCAサイクルとは異なります。
それでは各ステップを一つずつ解説していきましょう。

  • 「Emphatise」
    エンドユーザの実際のニーズを理解しようとするフェーズ。
    重要なのは、個人の経験等に基づいた仮定・想定といった “私感” が入らないようにすること。
  • 「Define」
    エンドユーザの立場で考えて課題を見つけるフェーズ。
  • 「Ideate」
    課題を解決するためのアイデアをまとめるフェーズ。
  • 「Prototype」
    プロトタイプの作成・開発を行うフェーズ。
    なお、ここではチーム内外にそのプロトタイプを共有すること。
  • 「Test」
    エンドユーザ(5~20人)を対象にテスティングを行うフェーズ。

英語解説にはなりますが、より詳細情報については下記の記事をご参考ください!

URL
https://www.interaction-design.org/literature/article/5-stages-in-the-design-thinking-process

サイトリニュアルの戦略 (RSR vs ESR)

サイトリニューアルには2つの基本戦略である「ESR」と「RSR」が存在します。
「ESR(Evolutionary Site Redesign)」は、以前のバージョンから大幅な修正を行うこと。
「RSR(Radical Site Redesign)」では、ゼロベースから新しいデザイン、UI、ロジック等を考えること。

ただし、UX/CRO(Conversion Rate Optimization)の原論を忘れてしまうと、「RSR」はかなり危険な戦略となってしまいます。

下記の記事ではリニューアル手法で「RSR」を選択した際、危険性を排除するための大事なポイントをいくつか説明しています。
抜粋すると……

  1. 新バージョンのサイトにおいて、測定可能な目標を定める
  2. サイトに来訪するオーディエンスはどんな方であるかを想定し、かつオーディエンスに何を求めるのを理解する
  3. ライバル企業のサイトのレビューを行う
  4. カスタマリサーチ(行動、キーワード検索など)を行う
  5. コンテンツの戦略を決める
  6. サイト外の戦略を考える(SNS対応など)
  7. サイトのワイヤーフレーム・プロトタイプでテスティングを実施する
  8. リニューアル公開当初からABCテストを実践する(旧サイト vs 新サイト vs 新旧ミックス etc, etc…)
■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。