Windows10(Surface Pro 3?) + Edgeの妙

Windows10(Surface Pro 3?) + Edgeの妙

どうも、さむらいです。
実は妙でもなんでもないのですが、Windows10の事前検証をやっていて、いろいろハテナ?と思うことが多かったので(よく考えれば納得できるけど)、ここで紹介しておきます。

Surface Pro3 にWindows10 のInsider Previewを入れたら

Surface Pro 3の画面解像度は2160 x 1440 (3:2)です。
http://japanese.engadget.com/2015/04/01/surface-3-surface-pro-3/ より。

とっても高精細ですねー、Retinaディスプレイなんてどこ吹く風なんじゃないですかねー。
なんて調べてみたら、Retinaのほうがもっと高精細だった・・

いや、まぁ、いいですよ、本題はそこじゃない。

と、とにかくです、解像度が超高くなっているので、なんだか色々初期設定がおかしいな、というか、まぁそうなるよね、という数値になっていました。

まずは、Edgeのデフォルトページ表示倍率 150%(なぜだ!)。
これのせいで当社のとあるサービスがごにょごにょ。

でもChromeやらFireFoxやらはデフォルト表示倍率が100%で、他の端末(MacBookとか)と同じみかけで表示されているので、Edgeのみの仕様の様子。

そうゆうわけで、Edgeを他のブラウザと同じ100%の倍率にすると、超小さい!!老眼には耐えられない!で、他のブラウザと較べてみたらChromeでは67%の表示サイズが、Edgeの100%になるのでした。

イメージ的にはこんな感じ(背景がChromeの100%表示、赤枠が、Edgeの100%表示)

image03

※こんなの指でタップできません。

というか、Window8以降タッチパネルでも操作できるようになったけど、正直タッチ操作は使いづらいですね。複数のウィンドウを開くような使い方だと、ウィンドウサイズを変えたりするのは、やっぱりマウスが最適かと思う。

Surface Pro3にはタッチペンもついてるけど、微妙な指の震えのせいでスクロールバーを触っちゃったりするし、わりと厳密な操作が必要な時は、タッチは向かない気がする。

日本語入力の妙

当社は入力フォーム最適化(EFO)のためのサービスを提供してますので、入力フォームの挙動どう変わっているか、とっても大事な問題。
いろいろ触ってみると、以下の条件の時に日本語入力ができない不具合がありました。

  • JavaScriptで自動的にカーソルを移動
  • 移動先の入力フォームに何も入っていない
  • 入力モードが かな漢字変換モード

上記の条件が揃うと日本語変換が効かなくなります。
ただし、一度でもマウスや指でフォーカスを明示的に合わせると入力可能になる様子。

自動でカーソルを移動するようなJavaScriptをご利用の方はどうぞご注意くださいませ。

そのほかの機能や動作はとっても快適で、起動も早いし画面も綺麗だし、動きも軽いししかも無償アップグレードでしょう?そしてなによりIEがデフォルトブラウザでないのが何よりいい!!

ということで、みんなさっさとアップグレードして、早くIEを絶滅させてください・・。

コメント