人気のドコモXperiaシリーズへできるだけ安く乗り換える方法

人気のドコモXperiaシリーズへできるだけ安く乗り換える方法
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

新規変更、MNP、機種変更の最安値に変化はありません。
オンラインショップでは月額実質負担金が648円となっています。
24回払いなので、15552円が端末料金です。

ただしXperia X Compact SO-02Jは2016年11月発売の端末で、現在の生産はSoft Pinkしか行われていないことからオンラインショップでは品切れになっていることもあります。
その場合は店頭に在庫があるか確認を取ってみましょう。どちらにしても機種代金は変わりません。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kがドコモで2017年11月17日から発売されているため、もし購入できない場合はこちらを候補に入れても良いでしょう。

バッテリー容量やディスプレイサイズに変化はありませんが、電池持ちは後継機種が優れています。
RAMも3GBから4GBに性能がアップしており、AndroidTM 8.0に対応しています。
CPUはSnapdragon 835 (Qualcomm MSM8998)2.45GHz(クアッドコア)1.9GHz(クアッドコア)オクタコアです。

ただしやや端末本体が重くなっていることと、連続待ち受け時間の減少はあります。また数分ですが充電時間も長くなっています。その点は端末本体の性能が上がったことに関わっています。
Compactシリーズはどちらもカメラと音楽にこだわりを見せています。Xperia XZ1 Compact SO-02Kでは3D撮影に対応している他、本格的なオーディオを搭載し迫力ある音楽を聴くことができます。
カメラの搭載機能もグレードアップしており、連写などに対応していることが特徴です。

Xperia XZ1 Compact SO-02Kは月額実質負担金が1107円で契約できます。合計で26568円が端末の負担金になります。
それほど大幅な機種代金の増加ではありません。こちらも新規契約、MNP、機種変更どの形態でも最安値に変化はありません。

Xperia XZ Premium SO-04J

カラーは3色展開です。
Rossoは2017年10月27日に発売された新色です。
Deepsea BlackとLuminous Chromeは2017年6月16日から発売されています。

ディスプレイ

5.5インチ
高さ 約156mm
幅 約77mm
厚さ 約7.9mm

重さ 約191g

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。