YosemiteにしたらMAMP proでapacheが起動しなくなった件

YosemiteにしたらMAMP proでapacheが起動しなくなった件
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

久しぶりにMAMP proを立ち上げるとapacheの起動でエラーとなって困ってしまいました。原因はYosemiteへのアップグレードにあるようです。

MAMPのログを覗いてみると

MAMPのログを見てもそれらしいものは以下だけ・・・。

ん?
[notice] caught SIGTERM, shutting down ← シャットダウン。ヾ(・ω´・)マテマテ

今さらではあるんですけど色々情報はありますよね。
ここら辺のキーワードで、検索すればわらわらできてます。

MAMP apache エラー
Yosemite MAMP apache

解決策

YosemiteでMAMPのApacheが起動しないことへの対応

/Applications/MAMP/Library/binのenvvarsを_envvarsにリネームする。

手順

ターミナルを立ち上げる

MAMP proのGUIからapacheを再起動

というわけで、おしまい!!!!

・・・

で、で、で、解決はしたんですけどぉぉぉぉぉ~。

なんか気持ち悪いじゃないですか~。

envvarsっていったい何者なんですか?

apacheの起動を止めてしまうほどの実力者なんですか?
なんで_(アンダーバー)なんですかね?
_(アンダーバー)って、apacheを生き返らすほどの実力者なんですかね?
気になって夜も眠れません。

というか

私、気になります。(`・ω・´)キリッ

早速、調べてみました。

まずは、事前情報の収集から

envvarsファイルとは、起動時オプションなどの環境変数を追加設定するファイルです。

ふーん。もっと詳しく!

envvarsファイルとは、apachectlコマンドを色々実行する前に読み込んで処理をしてくれている。
【参考】Apache/PHP で環境変数を指定するには

ふむふむ

事前調査はこれぐらいにして、Yosemiteで、エラーになった理由の原因究明へ。

他にエラーとなっている痕跡が本当にないのか確認で、とりあえず、直接apacheを起動してみた。

エラーが出てます。いきなりあったよ。(;・∀・)

次はMAMP proのenvvarsを見てみると、こんな感じ↓

どうやら、共有ライブラリの検索パス(DYLD_LIBRARY_PATH)にMAMP pro内のディレクトリを追加している模様。ここら辺は、先ほどの事前準備で予習済み

で、その先は、こんな感じ↓
多いのでスクショで

image01

で、先ほどのapacheのエラーから、libjpeg.dylibでエラーが出ている。
ただ、libjpeg.dylibはシンボリックリンクなので

libjpeg.dylib -> libjpeg.8.dylib

こいつが犯人↓
libjpeg.8.dylib

こいつの読み込みでエラーになり、シャットダウン。解決!

まとめ?感想?

この先のなんでこいつでエラーになってたのかは、めんどいので省きます。

というわけで、今回の件のネットで広がっている回答のほとんどは、envvarsファイルの呼び出しでエラーとなっていた。
だったら、削除しちゃえばいい。(いや、いいのか?)

でも、なんとなく元のファイルがなくなっちゃうのは、不安だから_(アンダーバー)つけてリネームしておこう。

こんな感じですね。

これでぐっすり眠れます。(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!
それよりも、Yosemiteにアップデート以降、MAMP Pro を開いていなかった事実の方が・・・orz

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。