「エイプリルフール」は新たなビジネスを生むか?

「エイプリルフール」は新たなビジネスを生むか?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

みなさんは正直者ですか?
はい、今年もやってきました4月1日のエイプリルフール。

各企業がエイプリルフールに力を入れるケースも年々増えてきました。
「ウソから出たマコト」という言葉があるとおり、2014年のGoogleが付いたウソから2016年に「ポケモンGo」が生まれて社会現象を引き起こし、2016年にカルビーが付いたウソから「ポテトチップス コンソメW(ワロス)パンチ」が期間限定発売されるに至りました。
つまり、マーケティング手法として、エイプリルフールは馬鹿にできなくなってきたということでもあります。

まず、企業がエイプリルフールのネタを公開するメリットを挙げてみましょう。
・あわよくばSNS経由でバズれるかも
・企業としての違う側面を見せられ、親近感を持ってもらえるかも
・社内のモチベーションアップに繋がるかも
総じて「露出が増えるかも」ということ一点に尽きますね。

しか~し、今年のエイプリルフールは土曜日……。露出増は期待できなさそう……。
いやいや、エイプリルフールはあくまでもお祭り。露出量は例年より減少はするでしょうが、前記のようにネタから素晴らしいアイデアが生まれることもあるのです。

そこで今回は現在(4月6日)でも閲覧ができるネタを中心に、各企業の力と熱のこもったネタをご紹介いたします。

各企業のネタあれこれ

<AI・ロボティクス部門>

■ロボスタ(https://robotstart.info/2017/04/01/robodon-april-fool-2017.html

『ロボットスタートが次世代ロボット型人間「ロボドン(RoBoDoN)」を開発!』
ロボット型人間「ロボドン(RoBoDoN)」は毎週届けられる「週刊ロボドン(RoBoDoN)」に付属するパーツを装着していくことで、自身が人型ロボットになれるというもの。
実証試験として外ロケも敢行しているという強気のネタで勝負されています!

■アウディジャパン(http://www.audi.jp/technology/adaptive_tsukkomi_control/index.html

『Audi Adaptive tsukkomi control』
車線を逸脱しないようにステアリング操作をアシストする従来の機能に加え、逸脱した発言を行うと最適なタイミングでツッコミ(ドアの開閉!)を行うという機能を発表!
本来のウリである車線の “逸脱” というキーワードを上手に活用しましたね。

■三和交通(http://www.sanwakoutsu.co.jp/special/aprilfool2017.html

『ロボットのタクシー』
50年の製作期間を経て、ロボット「sanwa-RX800」の運行開始を発表されています。「テストモニターの声」でもなかなかのネタを仕込んでいます。
それにしてもファーストビューにあるロボットと完成予想CGとでかなりのギャップが……

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

発明は必要の母|キミも発明家を目指してみないか?... あらゆるものがIoT化されつつあることで、世の中の “不便” とされる領域はかなり狭まってきました。 発明は必要の母   そんなことわざもありますが、必要性があって生まれた道具には、必ずといっていいほど発明が最初にあった...
初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた③... riceman、中村くん、戸村くん、そして私の4名で作り上げたヘボコン『シンギュラリティ・ドッグ』。 今回はまず『シンギュラリティ・ドッグ』の各種機能について説明していこう。 <前回のおさらい『初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみ...
初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた②...  弱さ(ヘボさ)を追求したロボットを作ってやる!   <前回のおさらい『初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた①』> そう息巻いてはみたものの、急にプログラミングスキルが上達するわけではない。 そして何よりも肝心な、器と...
初心者が自作ロボット大会に殴り込んでみた①... ロボット ―― もはや未来のものでもなくなってしまったロボット。 一般家庭への進出とまではいかないものの、携帯ショップにでも足を運べば、いつでも会える存在になってしまった。 しかし、どのロボットもみんな判を押したように同じ顔で...