「エンジニア評価」で重要なことは何ですか?

「エンジニア評価」で重要なことは何ですか?

エンジニアのみなさん、自分が正当評価されていますか?――
マネージャーのみさなん、部下を正しく評価できていますか?――

日夜数字を追い続け、最終的に成果も数字として表れてしまう営業職とは異なり、エンジニアは定量評価しづらく、しかもその評価に対して納得感を得られ辛いというのは、どこのIT業界でも共通の課題なのではないでしょうか。

エンジニアの評価のポイント、そしてその評価をどのように数値化しているのか。
評価をすることで分かる、エンジニアの隠れた可能性や組織としての在り方について、成功例をricemanさんが共有してくれました。
<参照:CodeIQ『伊藤直也氏・小野和俊氏に聞いた「エンジニア評価」で重要なことは何ですか?』>
<参照:小野和俊のブログ『プログラマー風林火山』>

エンジニアの多様性

伊藤氏と小野氏の対談の中では、組織内で働くからこそ把握しておきたい “エンジニアの多様性” について、非常に完結にまとめられています。
・エンジニアは「風林火山」が必要。だからこそ、評価は多様であるべき
・画一的な評価基準はない。多様性が大切なので、自分の得意とするところで貢献してほしい

やはり人ぞれぞれ、会社それぞれ、そしてエンジニアもそれぞれです。
色んな個性やスキルを持つエンジニアを評価するのに、絶対的な正解はありません。

ただし数値化して評価する以上、期待値と評価のズレを丁寧に擦り合わせ、そのズレを埋め合わせることをモチベーションアップへと昇華させる必要があるのです。評価で算出された数値をダシにエンジニアを責めてはならず、そしてエンジニアも自己否定に入る必要もないのです。

組織で働く以上、自分の価値観だけで人を判断することは、組織の崩壊につながります。色んな個性とスキルを持ったエンジニアがいる以上、評価にも多様性を持たせることが重要であり、それがあって初めて会社は成り立っているのですね。

あなたにおすすめ

描いた絵を判定するだけじゃない!!|「Quick, Draw」が実施していたトンデモ実験... かつて「Quick, Draw!」というサイトで公開されている “手描きの絵をAIは判定できるのか” というニューラルネットワークの実験を4名のbitWaveライター陣を対象に試してみたことがありました。 <bitWave関連記事『Can...
お葬式から供養まで|加速するIoT化 今年の秋彼岸は9月20日から26日まで。 みなさんはご先祖さまの供養、忘れずにされましたか? 国土の狭い日本の土地事情も相まって、昨今ではバーチャル墓地を取り入れている団体もあったりします。 特に墓不足が深刻な問題とされている都市...
楽天が空の安全を守る|ドローン用無人航空機管制プラットフォーム提供開始... 今年の8月は例年の “8月” とは違っていました。 すぐに思い浮かぶのは日本全国に渡る長雨でしょうか。 首都圏では48年ぶりの連続降雨記録を観測しており、まさしく異常気象となりました。 しかし、他にも異常といえる出来事がありま...
平凡こそ非凡なり|『ARKit』が見せたエバーグリーンなツールとは... 今から200万年前、我々の祖先が「石器」を発明しました。 そして50万年前には「火」を、1万年前には「土器」を発見・発明しています。 我々の生活には道具が欠かせないものであることは言うまでもありません。 先人たちは偶然の発見や必要...