G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?

  • 2017年8月28日
  • by 
G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?
ChromecasrキャンペーンバナーPC ChromecasrキャンペーンバナーSP

今回ご紹介するのはGoogleの『G Suite』です。

えっ、いまさら『G Suite』!? なんて思われるかもしれません。
それもそのはず、『G Suite』は本日8月28日で、ベータ版提供開始から11年になるんですね。

この11年の間に多くの進化を遂げています。
そこで今回は改めて思う『G Suite』の素晴らしさ、特にツール「Googleサイト」が意外に使えるツールであることを再発見しましたので、それを説いていきたいと思います。

<参照>
公式トップ:https://gsuite.google.co.jp/intl/ja/

「Googleサイト」の特徴

「Googleサイト」と聞けば、ウェブページを作成・編集するためのツールであることは想像できますよね。
実際、用途としてはその認識は正しいです。

しかし、特筆すべきは「Googleサイト」はプログラミングの知識がなくとも、さらにはデザインができなくとも、簡単にサイト制作ができるのです。

「Googleサイト」はできることも限られているため、凝りに凝ったサイトを作るのには不向きかもしれませんが、社内メンバーで構成されたチームに向けて作業内容・進捗を
共有するためのページといったレベルであれば、十分すぎるほどの機能を備えています。

同じ『G Suite』内のツールであれば連携も容易であり、「Googleドキュメント」で作成した資料の共有や「Googleカレンダー」の情報を掲載するといった際には便利なことこの上ないのが特徴です。

「Googleサイト」を使い始めたキッカケ

ある時、通常業務で行っている作業をマニュアル化する必要が生じました。

これまでは単純に「Googleドキュメント」などの『G Suite』で作成し、「Googleドライブ」で他メンバーに共有するということを行ってきましたが、ファイル数が増えてくると目的の資料を探し出すだけでも時間がかかってしまいます。
『G Suite』がオンラインサービスということもあり、中身を確認するのにファイルを開くにも時間を要します。
累積するとそこそこの時間が費やしてきたものと思われます。

そこで「Googleドライブ」をインデックスとして用いるのではなく、「Googleサイト」でインデックスを作成してみてはと思い、実行に至ったわけです。

「Googleサイト」の使い方

Google社も「Googleサイト」は “簡単にサイト作成ができる” ことを謳っているわけですが、実際に試してみると本当にカンタン!
以下に手順をご案内いたします。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...
複数チャットをまとめて管理!|『Franz』が便利すぎる... みなさんは業務で使用する連絡手段は、どのようなものを使われていますか? 私はここ数年でメールベースの仕事からチャットベースでの仕事に移り変わってきています。 社内だけでのやり取りであれば一つのチャットツールだけで完結しますが、取引先...
距離も縮まる魔法のツール|『Realtime Board』を使ってみた... 私が所属する開発チームでは通常の開発・検証業務の他、個々で得た情報の共有を重要視しています。その情報というのは会議や会議自体の資料の共有はもちろんのこと、アイデア出しやそこから派生するブレインストーミングの共有も行っております。 ただ...
『ギガビット光』の実情|ネット遅延のイライラは解消できるか?... bitWave編集部の川口です。 私はテレワーク勤務ということもあり、普段はサテライトで茨城におります。東京赤坂にある会社とはFaceTimeで接続しており、つまり “ネットワーク命” の環境で業務にあたっています。 遅い遅...