『VR・ARワールド』に私が来た!

『VR・ARワールド』に私が来た!

どうも、夏の甲子園を投げぬくために生まれたのか、暑さには滅法強い小中高大バレーボール部のよし松です。
タイトルには大体、今ハマっているマンガの言葉をちつかせています。

今一番ホットなコンテンツといえば “VR・AR”。
猫も杓子も “VR・AR”。

去る6月28~30日、東京ビッグサイトで開催された『コンテンツ東京2017』内のイベント「先端テクノロジー コンテンツ展」に、『VR・ARワールド』なる特設エリアが併設されていました。
<参照:ライセンシング ジャパン『先端テクノロジー コンテンツ展』>

今回はそのイベントレポートをご紹介させていただきます!
その最先端技術が集まる展示会に “私が来た!”

そもそも “VR・AR” とは!?

本ブログ「bitWave」でも語り尽くされているかもしれませんが、改めてご説明を。
<参照:bitWave掲載カテゴリー『VR・AR』>

“VR” とは…

バーチャルリアリティ(仮想現実)のこと。

現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。

<参照:Wikipedia『バーチャルリアリティ』>

“AR” とは…

オーグメンティッド・リアリティ(拡張現実)のこと。

人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

<参照:Wikipedia『拡張現実』>

よし松的カンタン解釈で2つの違いを挙げるとすると、目に見えるものすべてが仮想で作られていたら “VR”、全部ではなく一部またはそれ以上現実を含んでいたら “AR” です。

具体的にいうと、映画「アイアンマン2」で新しい元素を発見するためにスタークエキスポの模型を3Dモデル化する技術は “AR”、映画「アイアンマン3」の冒頭でトニースタークが自身のトラウマ解消のために作った、過去を体験できる装置は “VR” です。
ちなみに「J.A.R.V.I.S.」は人工知能の完成形といえます。

あなたにおすすめ

平凡こそ非凡なり|『ARKit』が見せたエバーグリーンなツールとは... 今から200万年前、我々の祖先が「石器」を発明しました。 そして50万年前には「火」を、1万年前には「土器」を発見・発明しています。 我々の生活には道具が欠かせないものであることは言うまでもありません。 先人たちは偶然の発見や必要...
デスクトップに頼らない未来のワークスペース... 最近、肩こりが酷くって…… なんか視力がおちてきたかなぁ…… 会社に勤めていれば、よくこんな声を耳にする機会も多いのではないでしょうか? でも仕方ないですよね。 生活費のため、子供のミルク代のため、そして趣味の小切手収集のた...
納涼! MRお化け屋敷はいかが? だんだん暑い日差しが辛くなってきましたね。 どこに行ってもエアコンの涼風で快適に過ごせるようになってきましたが、涼む手段は冷房に限った話ではありません。 水分を多く含む夏野菜を摂取したり、空気の通り道に打ち水をして気化熱を利用したり……...
試作機リークが命取り!?|『Magic Leap』はどこへ向かうのか... 週刊誌発信でスクープされ、活動休止や引退、場合によっては逮捕される芸能人も多くなった今日この頃。 最近では発売前のライバル週刊誌の中吊り広告を事前入手するといった “情報のリーク” が横行しています。 ゴシップレベルのウワサ話であれ...