『Computex Taipei』に行ってみた<前編>

『Computex Taipei』に行ってみた<前編>

こんにちは、ノリ子です。
みなさんは『COMPUTEX TAIPEI』というイベントをご存知ですか?

このイベントは台湾で開催されるIT見本市で、1981年から開催される歴史あるイベントなんですね。
「なんだよ~、台湾の話かよ」と侮るなかれ。なんと日本語サイトも用意されているほどの大規模なイベントなんですよ!
<参照:『COMPUTEX TAIPEI 2017』公式サイト日本語版>

そして今年も『COMPUTEX TAIPEI』が開幕。
台北の南港にある展示場を中心に台北市内の会場など計4カ所、そして5月30日~6月3日までの5日間で行われます。
そして先日、ノリ子が『COMPUTEX TAIPEI 2017』に潜入してきましたので、今回はそのレポートをご紹介させていただこうと思います。

行列も世界最大級!?

ノリ子が行ったのはイベント初日の5月30日。
さすがに世界規模ということだけあって、英語対応が可能なインフォメーションスタッフも大勢いました。しかし、初日だからなのかみなバタバタしており、案内内容はスタッフごとにバラバラ……。入場から苦労してしまいましたが、こういったハプニングも含めてイベント初日参加の醍醐味なんだ……ということにしておきましょう。。。

当日券の購入による混雑は、IT関連のイベントに限らずよく見る光景です。そこでウェブサイトで事前登録し、当日は入場バッジだけゲットしてから入る方法を選択したのですが、いざ会場に到着してみたら、事前登録済みブースも大行列! 1時間以上並びました(涙)
最大級の展覧会という割に登録・案内デスクは少ない印象を受けました。
ここはイベントスタッフさん、過去のbitWave記事を参考に、翌年の開催時には解消しておいてくださいネ!
<bitWave関連記事『「TGS2016(東京ゲームショウ2016)」のミステリー』>

そんなこんなでついにノリ子の番になりQRコードを提示してみたところ……、な、なんと事前登録情報がないとナゾのお言葉をいただきました。。。なんでも、現場登録ブースに移動し、そこからやり直すしかないとのこと。これって一体……(涙)
ちゃんと登録完了画面とそれを証明するQRコードも提示しているのに、なぜ登録情報がないのでしょうか……。私が登録した情報はどこに行ったのでしょうか……OTL
さすがにこれだけ時間をかけたのに引き返すというわけにもいかなく、渋々スタッフ言うとおり、現場登録デスクに移動し、また1時間以上並びました。合計2時間強……。
このままでは入場までのレポートで終わってしまいますね。。。

ちなみに初日はメディア関連、そしてIT関連会社所属の外国ゲストのみ入場が可能という日でした。それを確認するために、入場バッジをもらうときには名刺と交換することになります。台湾の企業やIT業種外の会社、そもそも会社の名刺がない人は入場を禁じているほど。

そしてノリ子は「Showcase-Tv」の名刺を渡すことで、ようやく入場バッジをゲットすることに成功。しかしその社名内にある「Tv」の記載のせいか、プレスやメディア関係者なのかと何度も聞かれてました(笑)。

VR体験ブース|ノリ子はリングに上がるのか!?

ノリ子はメイン展示場である南港エリアの「Exhibition Center」とイノベーション&スタートアップ展覧会の「InnoVEX会場(コチラの会期は6月1日まで)」を回ってきました。
「Exhibition Center」はホール1とホール4に別れており、また「InnoVex会場」は台北市内にあるため、無料シャトルバスで移動することになります。移動時間は約15分ほどかかりますが、2時間強も並ばされたノリ子にとっては、なんてことないスケジュールですw

個人的にはAIとIoTを取り扱った展示ブースを期待して行ったのですが、来場者の関心は少し異なり、ゲーミングデバイスやハードウェア、VRゲームが盛り上がっている様子。目当てだったIoTも関心を集めていましたよ。

まずは人気のVRゲームを取り扱うブースへ。


なにやらポーズを決めてゲームをしてますね。なかなかの腕前とお見受けします

元々VRブースは目的としてはいませんでしたが、つい最近NYのSONYディスプレイショップにてVRを初体験し、かなり楽しい印象を持っていました。
「それなら台湾でもVR体験を!」とも思ったところなのですが、なんとVRゲーム体験ブースがリング上に設置されているではありませんか!
リングに上がれば四方から集まるであろう入場客たちの視線……。それなりの腕前ならまだしも、さすがに初体験のゲームの腕前を聴衆と披露する勇気もなかったので、泣く泣くやめときましたw

リングに上がるオペレーターの女性とショーガールのモデルさん。この場にノリ子が参入するとなると…… ((((;゚Д゚))))

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

『Computex Taipei』に行ってみた<後編>... こんにちは、ノリ子です。 今回は6月6日にご紹介した『COMPUTEX TAIPEI』レポートの後編をご紹介します! <bitWave関連記事『「Computex Taipei」に行ってみた<前編>』> 昔見た、未来からやっ...
Adobeの2017年10の予測マーケティングトレンドを読み解く -考察編... 昨日はAdobe社が公開した『2017年10大マーケティング・トレンド』を要約という形でご案内させていただきました。 <参照:Adobe UNITE『2017年、マーケティングトレンド予測トップ10』> 続編となる今回は『考察編』と...
Adobeの2017年10の予測マーケティングトレンドを読み解く -要約編... Adobe社が今年始めに『2017年10大マーケティング・トレンド』という記事を公開しました。 これは言うまでもなく米国のトレンドであって、必ずしも日本に当てはまらないでしょう。しかし、多くのマーケティング技術が米国発である以上、少な...
【GW直前企画①】主演“人工知能”賞はどのデストピア映画に輝く!?... 『デストピア』とは「ユートピア(=理想郷)」の反語である「ディストピア(=暗黒郷)」と「デス(=死)」を掛け合わせた造語であり、堕落した世界を指します。 小説であれコミックであれ、近未来のデストピアを描く際には、アンドロイド(人工知能...