『LINE Simple Beacon』を試してみた!

『LINE Simple Beacon』を試してみた!

最近、もっぱらBluetooth Low Energy(BLE)を用いたアプリケーションサービスを考えておりますricemanです。

なかでもLINE Beaconは私が一番期待を寄せているBLE/IOT機器なのですが、残念ながら手元にございません。

でも諦めきれない。そこでLINEの開発者サイトを調べてみると……
「2016年9月現在、一部の企業と一部の個人開発者向けのみに限定的に機能を開放しています。今後機能をオープン化していく予定です。」
<参照:LINE『API Reference』

むむ、残念…。だけど、試してみたい……。
そんなガジェット好きエンジニアのために、Raspberry PiやMac等で稼働させることができる『LINE Simple Beacon』が今年2月に公開されました。
<参照:LINE Engineering Blog『ラズベリーパイでLINE Beaconが作成可能に!「LINE Simple Beacon」仕様を公開しました』>

さぁ、実験だ!
Raspberry Pi、Raspberry Pi……。私のラズパイちゃ~ん、どこでちゅか~?
どうやら私のRaspberry Piは長い旅に出てしまった模様。
ということで、今回はMac版で試してみることにしました。

Mac版『LINE Simple Beacon』を試してみる

ほとんど上記のブログ内にていねいに説明してくれています。
念のため手順を説明すると……

<アカウント開設&モジュールのインストールを行う>
①:下記のサイトから [Messaging APIを始める] ボタンを押してください。
<参照:LINE BISINESS CENTER『Messaging API』>
 ↓
②:ログイン画面でログインおよび認証を済ませ、アカウント名と業種項目を入力し、[申し込む] ボタンをクリックしてください。
 ↓
③:Beaconのイベントを受けるためのWebhook URLを入力してください。
(※https環境が必要)
 ↓
④:Server IP WhitelistでWebhook URLのIPアドレスを入力してください。
 ↓
⑤:③で指定したURLで起動できるプログラムファイルを設置してください。
 ↓
⑥:ここからBeaconの登録を行って、HWIDを入手してください。
<参照:LINE BISINESS CENTER『LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGER』>
 ↓
⑦:Macに『LINE Simple Beacon』モジュールをインストールして完了です。

あなたにおすすめ

LINEにCSVデータをレスポンス-リクエストのログから広告も... 6月末にイノベーションテクノロジー本部主催で「第1回ハッカソン(※)」が開催されました。 テーマは『新たなLINE-BOTを生み出す』。 全16人のメンバーを4チームに分けた社内初の“チーム戦”です。 全チームが通常業務の隙間を縫...
Apple TV おすすめアプリとゲームとその傾向... 本日は発送間近となっているApple TVのインストールするべきおすすめアプリの紹介と、どういうアプリの傾向が多いのか考察していきたいと思います。 ◼︎おすすめのアプリ 1:CROSSY ROAD https...
Apple TV専用のtvOSでアプリやゲーム(役員ツムツム)を作ってみる... 新型Apple TVの発売が10月26日頃に発売のようですね。注文受付が始まりました。 それに合わせてXCodeでもtvOSにて開発ができるようになっています。 試しに何かのアプリを作ってみたいと思います。 まずは中身を見てみ...
Android TV アプリ 開発前夜 私の周辺で Android TV アプリの企画が出てきたので通常のアプリとの違いを簡単に調べて羅列してみました。 通常のアプリとの違い 入力方法 デザイン 簡単に羅列してみ...